デュッセルドルフ中央駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
駅舎
駅構内
地下ホーム

デュッセルドルフ中央駅(de:Düsseldorf Hauptbahnhof,Düsseldorf hbf)はドイツノルトライン=ヴェストファーレン州州都デュッセルドルフにあるドイツ鉄道の主要鉄道駅である。

沿革[編集]

駅舎は1920年代から1930年代に建築されたものを改築したものであり、その面影は今も残る。1932年から1936年にかけてヴッパータールにあるReichsbahn(鉄道管理局)の理事会の設計指示により改築され、この時に特徴的な時計塔が設置された。当時、この時計塔は蒸気機関車の給水塔の役目も果たしていたが、後にその機能は撤去された。

初代の駅舎は19世紀にさかのぼるが、1920年代初めに上記の新しい駅舎を建設する気運が高まり、取り壊された。 1930年代から1940年代にかけてデュッセルドルフ中央駅は重要な役割を果たすようになっていった。

1985年までに大規模な改修工事が行われ、プラットホームに現在も使われている屋根が取り付けられ、中央通路内にレストランや旅行センターなどが設けられた。

シュタットバーン(ライトレール)が駅直下に乗り入れている。エレベーターの設置や古い切符売り場やフードコートの改造が行われ、Oberbilk地区方面の西口には製鋼所跡に新しいオフィスビルが建設されている。以前の1等待合所はホテルやディスコテックなどに改装されている。2005年に若干の改装が行われ、1985年からあったトイレのスペースはファーストフードレストランのために取り壊され、小規模な1等用ラウンジ(DBラウンジ)が北側の旅客用通路トンネルに設置されている。また、現在の防火基準に合わないため、旅客通路トンネルに設置されている情報案内装置は取り替えられる予定になっている。

旅客列車[編集]

デュッセルドルフ中央駅は毎日25万人の旅客に利用されており、ドイツ国内では4番目に繁忙な駅となっている。ICEをはじめ、ユーロシティCNLユーロナイトなどの近隣諸国やドイツ国内を結ぶ都市間夜行列車、レギオナルエクスプレスレギオナルバーンSバーンなどのローカル、近郊列車など様々な列車が乗り入れている。ライン・ルール地区のSバーン網と地域交通網はライン・ルール運輸連合に統合されている。駅前に乗り入れる路面電車や地下に乗り入れているシュタットバーンはラインバーンにより運行されている。

駅データ[編集]

  • DB駅コード: ED
  • IATA空港コード: QDU
  • 駅カテゴリー 1
  • 番線数
    • ドイツ鉄道 16線
    • シュタットバーン 4線(地下)
    • 路面電車 6線(駅前)
  • 1日当たりの旅客数 250,000人