デュースブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デュイスブルクから転送)
移動: 案内検索
紋章 地図
Stadtwappen der kreisfreien Stadt Duisburg Lage der kreisfreien Stadt Duisburg in Deutschland
基本情報
連邦州: ノルトライン=ヴェストファーレン州
行政管区: デュッセルドルフ行政管区
地域連合: ルール地域連合
ラインラント地域連合
行政区分: 郡独立市
緯度経度: 北緯 51度25分49秒
東経 06度45分05秒
標高: 海抜 31 m
面積: 232.81 km²
人口:

486,855人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 2,091 人/km²
郵便番号: 47001–47279
市外局番: 0203、(一部 02065、02066、02841、02151)
ナンバープレート: DU
自治体コード: 05 1 12 000
UN/LOコード: DE DUI
市の構成: 7 市区、 46 小街区
市庁舎の住所: Burgplatz 19
47051 Duisburg
ウェブサイト: www.duisburg.de
E-Mail: info@stadt-duisburg.de
行政
上級市長: (Sören Link) (SPD)
住民
失業者数: 38,550 (2006年9月現在)
失業率: 16.2 % (2006年9月現在)
外国人: 15.1 % (2006年1月現在)
年齢構成:
0-5 歳: 5.2 %
6-17 歳: 26.2 %
18-60 歳: 42.4 %
60 歳以上: 26.2 %
(2005年7月現在)
街の風景で、イネンハーフェン(内港)から市役所を望む。左側に見える住宅の手前には、市の旧城壁がある。

デュースブルクDuisburg, ドイツ語発音: [ˈdyːsbʊrk] ( 聞く)[2], デュースブルク方言[ˈdyːsbʊə̯ç], [ˈdʏːsbʊʀə̆ɕ][3])は、ドイツ連邦共和国の都市。ノルトライン=ヴェストファーレン州に属し、世界有数の河港を持つ。人口は約49万人。

日本語表記[編集]

ラインラント周辺では独特の綴りをもつ固有名詞[4][5]があり、この都市名もその一つである[6]。事典、辞書ではドイツ語の標準(規範)発音 [ˈdyːsbʊrk] をカタカナ転写したデュースブルクがもっぱら採用されている[7]。一方でデュイスブルクと表記されることもあり[8]、この他にも様々な表記がある[9]

地勢・産業[編集]

ライン川ルール川の合流地点に位置する工業都市。世界でも有数、ドイツ国内では最大[10]の河港を有する。近隣の都市としては、約25キロ南にデュッセルドルフ、25キロ東にゲルゼンキルヒェン、20キロ南西にクレーフェルトが位置する。約30キロ北西には、古代ローマの植民市を起源とするクサンテンが位置する。

歴史[編集]

ライン川とルール川の合流点という重要性に注目した古代ローマ帝国の集落が起源で、1世紀の遺跡が発見されている。その後、交易の場として発展し、1290年には帝国自由都市となり、15世紀初めにはハンザ同盟に参加した。しかし、17世紀後半にはブランデンブルク=プロイセンに支配されることとなり、帝国自由都市を称することも禁止された。

ここに大学設置を計画したユーリヒ=クレーフェ=ベルク公ヴィルヘルム5世は、メルカトルを招いた。しかし、皇帝ローマ教皇による大学設置の許可がなかなか与えられないため、メルカトルは、1559年に設立された専門学校で教鞭をとっている。ヴィルヘルム5世が没した後の1655年にようやく大学が設置され、神学、法学、医学、哲学を擁し、デュースブルクは大学都市として発展した。しかし、1818年にプロイセンのフリードリヒ・ヴィルヘルム3世によって廃止され、大学図書館蔵書の大部分は、同年にボンに新設されたボン大学へ移された。現在デュースブルクにある大学は、その後の1891年に設立されたもので、2003年にエッセン大学と合併されてデュースブルク=エッセン大学(Universität Duisburg-Essen)となった。

19世紀以降は、産業革命が進展する中で、ライン川とルール川が交わり、石炭資源がある利点を生かし、工業都市として成長した。第二次世界大戦で荒廃したが、戦後復興を果たした。1975年、周辺の地域を合併して現在のデュースブルクが形成された。

文化[編集]

メルカトル図法で知られるゲラルドゥス・メルカトルがデュースブルクで没した。聖ザルバトール教会に埋葬されている。

スポーツ[編集]

デュースブルク出身の著名人[編集]

友好都市[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ノルトライン=ヴェストファーレン州情報技術省 — 公式人口統計から引用
  2. ^ Das Aussprachewörterbuch (6 ed.). Duden. p. 287. ISBN 978-3-411-04066-7. 
  3. ^ なお他言語の発音は以下の通り。オランダ語では[ˈdœysbʏrx]ダイスビュルフ)、フランス語(綴りはDuisbourg)では[dɥisbuʁ]英語では[ˈduːəsbə(r)g], [ˈduːzbə(r)g], [ˈdjuːzbə(r)g]
  4. ^ Schreibung rheinischer Ortsnamen”. LVR-Institut für Landeskunde und Regionalgeschichte. 2014年7月11日閲覧。
  5. ^ de:Rheinische Ortsnamen, de:Dehnungszeichen#Dehnungs-i を参照。
  6. ^ 「ui は特定の名称では長く、閉じられた ü [yː] で発音する:Duisburg [ˈdyːsbʊrk], Juist [jyːst] 」( Das Aussprachewörterbuch (6 ed.). Duden. p. 104. ISBN 978-3-411-04066-7. 
  7. ^ 世界大百科事典 第2版、日本大百科全書、ブリタニカ国際大百科事典、百科事典マイペディア、大独和辞典、クラウン独和辞典、新アポロン独和辞典、マイスター独和辞典、プログレッシブ和英中辞典(第3版)、ジーニアス英和大辞典。
  8. ^ 在デュッセルドルフ日本国総領事館ドイツ大使館 ドイツ総領事館、『記者ハンドブック 第12版 新聞用字用語集』(共同通信社)、『朝日新聞の用語の手引』、その他マスメディア等。
  9. ^ 「ジュイスブルク」「ジュースブルク」「ドゥイスブルク」「ドイスブルク」「デュイスブルグ」「デュースブルグ」「ジュイスブルグ」「ジュースブルグ」「ドゥイスブルグ」「ドイスブルグ」「デュイスバーグ」「デュースバーグ」「ジュースバーグ」「ドゥイスバーグ」「ドイスバーグ」「デュイスブール」など。
  10. ^ ドイツ連邦共和国概略”. ドイツ大使館 ドイツ総領事館. 2014年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]