デモナータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デモナータ』(Demonata)は、ダレン・シャン著の子供向けダーク・ファンタジー小説

あらすじ[編集]

デモナータ1幕 ロードロス(原題:Lord Loss)[編集]

主人公グルービッチ・グレイディ(グラブス)は、チェス好きの両親と姉をもち、かっこよく見せるために煙草を吸うどこにでもいるような平凡少年である。

ところがある日、魔将ロード・ロスによって家族が殺されてしまう。その際、ロード・ロスに仕える悪魔、ベインとアーテリーに追われたグラブスは、初めて魔術の力に目覚め犬用の出入り口から逃げ助かる。悲惨な形で家族を失い精神に深い傷を負ったグラブスは精神病院へ入院後に叔父のダービッシュの指導により回復し、彼の家に引き取られる。そこでビルE・スプリーンビリーという少年と出会ったことをきっかけに、自身の家系にまつわる事実と、ロード・ロスの正体を知ることになる。

グレイディ一族には、時として狼人間が生まれる。それに規則性はなく、はっきりわかっているのは、10代の内に発病する事と、発病した狼人間を元に戻せるのは(魔将)のロード・ロスだけという事である。狼人間を元に戻すためには、2人1組になって、ロード・ロスとのある戦いに勝たなくてはならない。それは、1人はロードロスとチェスを5つ同時進行で進め、3つを勝ち取らなければならず、もう1人はロードロスの手下と戦いパートナーに攻撃させないようにするというものだった。ロードロスの手下にパートナーがやられてしまえば、手下はチェスをやっている者を攻撃してもよい。つまり、手下との戦いに1人が闘っているうちに、もう1人がチェス5つを同時進行ですすめ、3つとらなければならない。たとえ勝ったとしても、狼人間と手下と戦った人は助かりもとの世界へ戻れるが、チェスを行なった者はデモナータへ行き、ロード・ロスと戦い勝たなければその者はかえってこられない。実は、グラブスの姉グレットはこの人狼病を発病し、両親はロード・ロスとの戦いに負けたため、命を奪われたのだった。そして、ビルEもまた、人狼病を発病してしまう。彼は、グラブスの異母兄弟だったのだ。

ビルEを助けるため、ダービッシュはグラブスをパートナーに、ロード・ロスに戦いを挑む。

デモナータ2幕 悪魔の盗人(原題:Demon Thief)[編集]

主人公コーネリアス・フレック(カーネル)は不思議な光が見える少年で、周囲から「頭のいかれた変人」と敬遠されている。

ある夜、光を弄んでいるうちに思いがけず"まど"ができあがり、不思議な声に導かれるまま足を踏み入れ、行方不明になってしまう。数日後、その間の記憶を無くしながらも、いつのまにか一緒になった弟のアートと共に戻ってくるが、一家は、より安心できる環境を求め、田舎の村へ引っ越すことになる。

平穏な日々が1年ほど続いた後、再び"まど"がひらき、アートが魔物に連れ去られてしまう。後を追って"まど"に飛び込むと、そこには世界を破壊するという伝説の武器カーガッシュと、その手がかり悪魔の盗人と思われる魔物・カダバーを追う魔術師・ベラナバスと魔術使いたち(魔術同盟)がおり、そこがデモナータだと教えられる。カダバーにアートを連れ去られたカーネルは、魔術同盟に迎え入れられ戦いに参加するが、"まど"を作る能力には目覚めるものの力が及ばず、魔術同盟のナディアと共に仲間を見捨てて人間界へ逃げ帰る。

罪悪感にさいなまれるカーネルは、これを同盟から抜ける好機と考えるナディアと別れさまようが、点滅する光に導かれた先で、魔術同盟のメンバー・シャークと若いダービッシュに出会い、再度デモナータの元へ行き、ベラナバスたちと再会する。ナディアを連れ戻しカダバーを追って、ロードロスの城に行き着き、本当の悪魔の盗人が誰なのかを知り、アートを取り返せないまま人間界へと帰ることになる。

両親のもとで新しい生活を送るカーネルだったが、その生活は思い描いたような幸せなものではなかった。後に自分の本当の運命に気付き、再び両親のもとを離れるのだった。

デモナータ3幕 スローター(原題:Slawter)[編集]

主人公グラブスは、デモナータから帰ってきたダービッシュの異常行動に頭を抱えていた。そんななか、彼らとビルEは、映画プロデューサーのダビーダ・ヘイムらに映画作成の協力を依頼され、撮影現場へ向かい、エメットという少年と知り合う。しかし、そのエメットが突然、姿をくらました。グラブスは不審に思い、調査するがどうもしっくりしない。そんなとき、子役俳優の双子のうち、1人がいなくなった。

そしてグラブス達は進入を許されていないD工房へ足を踏み入れる。

そこでグラブスは、映画作成者の一部の人達が悪魔と手を結んでいたことを知る。

デモナータ4幕 ベック(原題:Bec)[編集]

主人公ベックは、5世紀のアイルランドに住む、自分が生まれた時から完璧な記憶力を持った少女。生みの母はベックに名をつける前に死に、近くにいた部族マッコン族の老戦士ゴールに拾われた。そしてこの子をどうするか論議をし、バンバという女魔術師(プリーステス)が、ベックから魔力を感じ、弟子にする事にした。

ベックは成長し平穏な日々を過ごしていたが、悪魔が襲ってくるようになった。マッコン族はこの悪魔のフォモール族と毎晩戦い、ベックは負傷者の手当てをする日が続いた。

ある日異常に足が速く、頭のふれた少年ブランがきて、わけの分からないことを言って少年の部族のある方角へ連れて行きたがるので、老戦士ゴール、長の子コンラー、ふたごの戦士、ローナンとローカン、鍛冶屋フィークナー、他部族の女戦士オルナーとベックとで少年の部族へ命がけの旅に出た。

この作品は他の作品とは違いクライマックスで終わるなど、シリーズ中でも異色を放つ作品である。

デモナータ5幕 血の呪い(原題:Blood Beast)[編集]

スローター事件から数ヶ月、グラブスことグルービッチ・グレイディは自分が狼人間に変身するという悪夢にうなされていた。そして魔力をもてあまし、水の流れを逆にしたり自分を宙に浮かしたり出来るようになり、グラブスは精神的に不安定になっていた。そんな時、家でパーティーを開くことになり、有頂天になるが、そこでの瓶回しの最中瓶を回転・浮遊・破壊し、その破片を蝶や花などに変えてしまうなどの魔力を見せてしまう(ビルE以外には手品だと思われた)。そして、とうとうとんでもない事態が発生する。

その夜からグラブスに狼人間の兆しが…。そしてジューニー・スワンが…。

デモナータ6幕 悪魔の黙示録(原題:Demon Apocalypse)[編集]

この話は5幕のすぐ直後の話から始まる。地獄と化した地上数千メートルの上空でロードロスに追い詰められたグラブス。しかしそこになぞの浮浪者があらわれ、グラブスの窮地を救う。そして浮浪者の隠れ家の洞窟に行き、グラブスが他の者とはちがうが、魔術師であることにかわりないことや、自分の正体が魔術師のベラナバスであると明かし、そこでグラブスはカーネルと出会う。洞窟でベラナバスは、グラブスに起きたことやジューニーのことをすぐにではないが、ダービッシュに必ず伝えることを約束する。そして向かった先の世界で怖くなったグラブスは逃げ出す。その後2,3週間洞窟で過ごし、カーネルとベラナバスが戻って来る。その後、5幕で聞いた少女の警告らしき声や、洞窟にやって来たシャーミラにより、人間界に大変なことが起きていることを知る。

デモナータ7幕 死の影 (原題:Death's Shadow)[編集]

今回の主人公はベック・マッコン(マグリゴール)。ビルEの記憶を借りて、普段の生活にだいぶなじめるようになったが、ベックは新たな悩みをかかえていた。それは、ダービッシュとの関係だった。ベックがビルEの考えていることが全てわかる、と明かすと、ダービッシュはベックをビルEの気持ちをしゃべる人間、としか判断しなくなった。それを助けてくれたのが、ダービッシュの親友、ミーラだった。ミーラに言われ、ダービッシュと話し合うベック。

その他にも、新しい能力に頭をかかえるベック。

突然、ダービッシュを襲った危機。

昔ながらの友の死―――――…。

新たな敵の正体を、ベックが暴く。

デモナータ8幕 狼島(原題:Wolf Island)[編集]

主人公のグラブスは、ベラナバス、カーネルと共に〈シャドー〉の情報を集めにデモナータに来ている。デモナータに来てからしばらく経ったある時、シャークとミーラがベック達のピンチを知らせにやってきた。ベック達のピンチを救うとベラナバス達とは別行動をとる。ベラナバス達は〈シャドー〉の真実を探り、グラブス、シャーク、ミーラ達は、ダービッシュおじさん邸を襲った狼人間と狙撃者の真実を探りに、プレイ・アティームを追う。

しかし、プレイ・アティームを追ううち、罠にはまってしまう。そして、驚きの未来をジューニーは口にする―――――――。

デモナータ9幕 暗黒のよび声(原題:Dark Calling)[編集]

9幕の主人公はカーネル(コーネリアス)になる。物語はカーネルが目を失った所から始まる。ベックの目の前で爆発したと思われたカーネルは『精霊』と呼ばれる存在に導かれ、人間界やデモナータを離れ、[アトランティス]という居住可能の惑星などを渡りながら、宇宙の起源や、元々の『宇宙』はチェス盤のように黒32面白32面でできていたこと、カーガッシュ(後述)の正体を知る。この9幕は最終巻の10幕に必要な伏線が張られている場面がある。

この作品では、2幕にのみ登場したアートやラズといったキャラクターも数名登場する。

デモナータ10幕 地獄の英雄たち(原題:Hell's Heroes)[編集]

10幕の主人公はグラブス。グラブスは毎晩のように空想とは思えないリアルな悪夢にうなされていた。悪魔たちの人間への攻撃も日に日に強まっていき、戦局は悪くなる一方。もう人類に勝ち目はないのだろうか――――

しかし、グラブス達を待っていたのは意外な結末だった。

主な登場人物[編集]

主人公[編集]

グラブス・グレイディ (Grubbs Grady (Grubitsch Grady))
カーガッシュの『引き金』。3人の力を操る。本名 グルービッチ・グレイディ。自分の氏名等を嫌悪しているが、基本は少しひねくれている程度で普通の少年。
一巻のロードロスで家族を殺戮され、PTSD状態となる。心に大きな闇を抱えた後、親の代わりであるおじのダービッシュと共に暮すことになる。
カーネルやベラナバスが戦闘している間に恐怖感で悪魔との戦闘から逃げ出してしまう等の面もあったが、後に皆のリーダーとして計らう存在に迄成長。魔術師であるために、一族で唯一覚醒後ももうひとりの自分である狼人間を支配した。潜在能力は主人公三人の中でもかなり高い。
カーネル・フレック (Kernel=Fleck(Cornelius=Fleck))
カーガッシュの『目』。光の欠片が見えるため、変人とされて生きてきた。唯一、光のかけらを操って素早く『まど』をつくることができる。本名 コーネリアス・フレック。少し変わっていながらも、平穏に生きて来たが、悪魔と関係した後に冷めた性格となる。
悪魔の攻撃で目を喪失し、その後、デモナータで目を作ったが、魔界などの魔力に満ちた場所でなければ長く保てない。三人の中では唯一の魔術使い。
ベック・マッコン(マグリゴール)(Bec MacConn)
カーガッシュの『記憶』。完全記憶能力を持ち、後に触れた対象の記憶を吸収する能力も覚醒する。
もともとは5世紀のアイルランドで生まれその時代で一生を終えたが、死んだ魂がそのまま閉じ込められ、約千年経った現代で、生贄として殺されたビルEの体に魂が入り込み生き返った。魔術師。

グレイディ一族[編集]

ビルE・スプリーン (Bill-E Spleen (Billy Spleen)
本名、ビリー・スプリーン。グラブスの異母兄弟。イジメられっ子だが、グラブスはいじめられている弟を見て見ぬフリをしてしまった。
人間界とデモナータとのトンネルを閉じるために、実の兄であるグラブスに殺されることを望み、グラブスやダービッシュに見守られ死亡。
プレイ・アティーム (Prae Athim)
グレイディ一族専門の殺し屋『子羊』のメンバー。自身の子供も狼人間だが、始末はしていない。
バーソロミュー・ガラデックス (Bartholomew Garadex)
一族の中でもっとも偉大な魔術師。ロードロスと戦っている間に寿命で死ぬ。またチェスのスペシャリスト。    

魔術師・魔術使い[編集]

ダービッシュ・グレイディ (Dervish Grady)
よくジョークを云うグラブスやビリーの叔父。グラブスやビリーの父親のようであり、友人のような存在。勇敢に悪魔と戦闘し、死んでしまう。ハゲている。
ベラナバス (Beranabus)
魔術同盟設立者。「死」と戦うために悪魔の力を開放して死ぬ。小さな頃は、ブランと呼ばれていた。悪魔と人間のハーフで並外れた力を誇り、1000年ほど生きた。
ミーラ・フレーム (Meela Flame)
ダービッシュの友人。酒にとても強いうえに二日酔いしない。美女であるためもあり、グラブスたちが密かに心をよせている。 ナディア(ジューニー)を道連れにして死ぬ。
シャーク (Shark)
魔術同盟の一員。軍服を着ていて、手にサメの刺青がある。
ナディア・ムーア (Nadia Moore)
短い金髪の20代くらいの女性。1920年頃生まれ。グレイディ家の遠い親戚。予知能力を持つ。ジューニーとして死ぬ。
シャーミラ・ムーカジ (Sharmila Mukherji)
サリーを着たインド人の女性。50代くらい。バリア破壊の為の、爆薬の役割を果たして死ぬ。
キリリー・コバックス (Kirilli Kovacs)
魔術同盟の一員。手品師で一流のスパイ。
ラズ・ワーロウ (Raz Warlo)
黒人。悪魔の大群に襲われて死亡。
ドラスト (Drust)
ブランの部族のもとで出会ったドルイド(男性の魔術師)。双子の弟ブルードがきっかけでできてしまったデモナータに通じるトンネルを閉じるために旅をしている。ベックをプリーステスと見抜き、ドルイドの魔術を教える。また、ドルイドが代々受け継いできた人類初のチェス版を持っている。ベックの手によって殺されることで、生贄として死ぬ。

5世紀のアイルランド[編集]

ゴール (Goll)
ベックを荒野で拾った元マッコン族の長で、片目を失った気さくな男。
ローナン、ローカン (Ronan, Lorcan)
マッコン族最強といわれる、赤毛の双子の戦士。悪魔に弟を殺されて以来一匹でも多くの悪魔を殺すことにとりつかれている。
コンラー (Connla)
マッコン族長コンの息子。美少年だがナルシストな傾向がある。ゴールとは度々もめている。長の息子であるがため、自分が次の長だと確信している。後にベックたちを裏切り、悪魔に殺される。
コン
マッコン族の長で、自分の息子コンラーとゴールの関係をあまりよく思っていない。
フィークナー (Fiachna)
ベックが密かに思いを寄せているやせた鍛冶屋の職人。悪魔に噛まれた傷がもとで死ぬ。
オルナー・マッカダン
マッコン族の砦に逃げてきた、マッカダン族の女戦士。しかばねと化した自分の子供達に体を食いちぎられて死ぬ。

悪魔[編集]

ロード・ロス (Lord Loss)
1幕から最初に登場したデモナータの魔将。グラブスやベラナバスと因縁がある。トリックスター的存在。
ジューニー・スワン (Juni Swan)
白鳥の悪魔。実の正体は「ナディア・ムーア」
アーテリー (Artery)
ロード・ロスの手下。緑色の肌で、両手に口があり、目には炎がゆらめいている。頭が異様に大きい。その頭を常にゴキブリ、シラミ、ヒルのいずれかが覆っている。
ベイン (Vein)
ロードロスの手下。ワニの頭、犬の体、女性の手を持つ。アーテリーの兄弟。
カダバー (Cadaver)
デモナータから来た悪魔。カーネルの弟、アートをさらう。顔は人間と犬の中間で、腕は4本ある。
カリン (Kallin)
巨大な蛆虫に強力な顎が合わさった生物。集団で襲い来る。
巨大な悪魔 (Huge Demons)
デモナータを飛ぶ巨大な悪魔を指す。星ぐらいの大きさがあり、常に虐げる相手を探している。体内に小さな悪魔(といっても標準サイズ)がたくさんいる
マリス (Malice)
ロード・ロスの手下の悪魔。たくさん足がある。
スパイン (Spine)
アーテリーと同じくロードロスの手下で、巨大なサソリの形をしており、顔は人間に似ている。
フィーマー (Femur)
こちらもロードロスの手下。ウサギの悪魔で、くちびるには酸性の液体の泡を垂らしている。
炎の悪魔
グラブスがベラナバスとカーネルと初めて一緒に行った世界。ひとつの悪魔そのものが限り無い時空世界の無限悪魔という独立した存在。世界の広さには限りが無く、宇宙より広く、大きさは完全に無限。だが、無限悪魔といっても、ベラナバスからすればザコらしい。ベラナバスとカーネルが倒した。
スリグスタタ (Sligstata)
カーネルが連れ去られた宇宙の別の惑星を支配していた悪魔の種類。馬に似ているが歯の代わりに爪が生えていて、口が二つある。

映画作成者[編集]

ダビーダ・ヘイム (Davida Haym)
有名なホラー映画プロデューサー。実は女性。よく聞く名前はダビッド・A・ヘイム (David A Haym)。スローター事件の黒幕。
エメット・イージット (Emmet Eijit)
映画の子役。よくセリフを間違えてしまう。
ノーラ・イージット (Nora Eijit)
エメットの母親。タンプに腹を立てている。
サリット・スミット (Salit Smit)
映画の主人公を演じる子役。グラブス達より少し年上。
ボウ・クーニアート (Bo Kooniart)
映画の子役。グラブス達と仲が悪い。最後は弟を助けるため、自らバリアの中に入っていく。
エイブ・クーニアート (Abe Kooniart)
ボウの弟。子役ではないが、エメットの役を狙っている。
タンプ・クーニアート (Tump Kooniart)
ボウとエイブの父親。ダビーダでも口ごたえできないほどの権力の持ち主。
チューダ・スール (Chuda Sool)
映画のチーフ助監督。タンプと仲が良い。
バナリー・メトカーフ (Vanalee Metcalf)
映画の子役。大富豪の娘。グラブス達と仲が悪い。
クック・ケーン (Kuk Kane)
映画の子役。「不気味な霊能者のふたご」という役をやる。キックとは双子の兄弟。
キック・ケーン (Kik Kane)
映画の子役。「不気味な霊能者のふたご」という役をやる。クックとは双子の兄弟。
スパトラ・ジョーン (Supatra Jaun)
映画撮影の合間に勉強する為、グラブス達に勉強を教える先生。気が弱くエメットが罵っていても止められなかった。
チャイ (Chai)
役になりきるパントマイム芸人。話さない。

シャークの手下[編集]

ティマス・ブラウス(Timas Brauss)
ハイテク好きのコンピューターマニア。
ピップ(Pip LeMat)
爆弾の使い手。
ジェームズ(James Farrier)
レオ(Leo DeSalle)
スペンサー(Spenser Holm)
テリー(Terry)
リアム(Liam)
ステファン(Stephen)
マリアン(Marian)

その他[編集]

チャーリー・ロール (Charlie Rall)
グラブスの友達。
ロビー・マッカーシー
グラブスの友達。
メアリー・ヘイズ
グラブスの友達。
アート (Art)
カーネルの「弟」。
不幸なモーチ(ウィリアムス・モーチ)
ジューニーの前任のカウンセラー。
〈シャドー〉 (Shadow)
暗黒色であり、蛸の様な姿の謎の存在。髭の様な触手に高熱を帯びている。その正体は「死」そのもの。
「死」が意識を持ったもので、無敵の存在であり「死」であるために、まず死ぬことがない。大勢の悪魔を率いて、グラブス達を倒そうとする。
カーガッシュ (Kah-Gash)
全知全能の機械仕掛けの神となるであろう存在。正体不明の神之武器。グラブスに語りかけたりする。

用語[編集]

デモナータ(英:The Demonata)
悪魔が住む別世界。様々な世界で構成されており、人間・悪魔を問わず「窓」または「トンネル」を開く事で行き来できる。人間界とは時間の流れ方が異なり、場所によっては時間が早く進んだり、ほぼ同じの時もあるが、大抵は人間界より時間の進みが遅い。力の強い悪魔(魔将)は世界を創ることも可能。ちなみに想像力の豊かな悪魔はユニークな世界を創ることもあるが、大抵の悪魔は人間界の神話をもとにした世界を創る。
悪魔
常に人間界を憎み、滅ぼそうとしている生き物。形態はさまざまで、大抵は動物の特徴が入り交じったおぞましい姿をしている。人間界の武器では決して殺せず、魔術による攻撃でしかダメージを与えられない。魔力自体が生命力のようで、人間界ではデモナータとの窓(もしくはトンネル)が開いていなければ一部の例外を除き死に絶えてしまう。人間より殺戮衝動が激しく、デモナータでは常に殺し合っている。繁殖方法は一切不明だが、人間の女とつがう事は可能。
魔将(英:Demon Master)
強大な力を持つ悪魔。この物語ではロード・ロスが魔将であるが、ロード・ロスよりもはるかに強い魔将もたくさんいる。普通の魔将は「窓」の通り抜けはできない(ロード・ロスは例外)。
古の悪魔
かつて存在したチェス盤に似た『宇宙』の黒き領域に住んでいた悪魔。子孫を作る能力を持ち、現在デモナータに存在する悪魔は全て彼らの子孫である。人間界をカーガッシュによって破壊することでチェス盤世界の復活を目論んでいる。
精霊 (Old Creatures)
チェス盤のような『宇宙』で悪魔の住む『黒き領域』に隣接する『白き領域』に居住していた種族。チェス盤世界の崩壊後は人間界の種族を文明がある程度発展するまで悪魔の侵入から守ってきたため、悪魔達からは憎まれる一方でその強大な力には敬意を払われている。悪魔と違い子孫を作れないため、人間界にいる間に徐々にその数を減らしてきており、時の流れが存在しないチェス盤世界の復活を待望している。
カーガッシュ (Kah-Gash)
世界を破壊できるといわれている存在。今は三個の破片に分かれている。精霊によってその存在が悪魔や魔将に渡るのを阻止されていた。今はグラブス、ベック、カーネルの三人であり、グラブスが引き金(力をコントロールする)の破片、ベックが記憶(全ての事を記憶する)の破片、カーネルが目(『まど』の存在や精霊を光のかけらとして感知する)の破片となっている。
クラックス (Crux)
宇宙の中心。内部では精霊と宇宙誕生以前から存在している悪魔がそれぞれ白と黒のかけらに集まっている。

外部リンク[編集]