デボン・スティル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デボン・スティル

Devon Still
シンシナティ・ベンガルズ No. 75

ディフェンシブタックル
生年月日:1989年7月11日(25歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州カムデン
身長:6' 5" =約195.6cm 体重:305 lb =約138.3kg
NFLデビュー
2012年シンシナティ・ベンガルズ
経歴
大学ペンシルベニア州立大学
NFLドラフト2012年 / 2巡目(全体の53番目)
 所属チーム:
通算成績
(2012年までの成績)
タックル     14回
サック     0.5回
ファンブルフォース     1回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

デボン・スティル(Devon Still 1989年7月11日- )はニュージャージー州カムデン出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLシンシナティ・ベンガルズに所属している。ポジションはディフェンシブタックル

経歴[編集]

デラウェア州ウィルミントンの高校に進学、高校3年次にはチームキャプテンに選ばれ、59タックル(18ロスタックル)をあげた。バスケットボール陸上競技のメンバーでもあった。

ペンシルベニア州立大学に進学した彼は、ジョー・パターノの下で2008年から2011年まで4シーズン過ごした。2011年にはチームキャプテンに選ばれ、ビッグ・テン・カンファレンスの最優秀守備選手に選ばれた[1]。同カンファレンスでディフェンシブタックルが選ばれたのは、チームメートだったジャレッド・オドリックに続いて2人目であった。この年アウトランド・トロフィーベドナリク賞のファイナリストに選ばれている[2]。スポーティングニュースからは、オールアメリカンファーストチームに選ばれた[3]

2012年のNFLドラフトでは、ドラフトに招待されたが[4]、初日に1巡指名はされず、2巡でシンシナティ・ベンガルズに指名された[5]。この年開幕から8試合に出場し、157スナップに出場、0.5サックをあげるにとどまった[6]

人物[編集]

従兄弟のアート・スティルレヴォン・カークランドもNFLでプレーし、それぞれプロボウルに選ばれている[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Still Big Ten's Defensive Player of the Year”. FightOnState.com (2011年11月30日). 2013年4月29日閲覧。
  2. ^ Still Named Bednarik Award and Outland Trophy Finalist”. ペンシルベニア州立大学 (2011年11月21日). 2013年4月29日閲覧。
  3. ^ Still Earns Sporting News First-Team All-America Honors”. ペンシルベニア州立大学 (2011年12月15日). 2013年4月29日閲覧。
  4. ^ Aaron Wilson (2012年4月12日). “NFL invites 26 players to attend the draft”. profootball.scout.com. 2012年9月15日閲覧。
  5. ^ Matt Gray (2012年5月7日). “Why Devon Still Is the Next Face of the Cincinnati Bengals Defense”. bleacherreport.com. 2013年4月29日閲覧。
  6. ^ Josh Kirkendall (2013年2月22日). “Bengals Head Coach Marvin Lewis On Devon Still: He Has Great Upside”. cincyjungle.com. 2013年4月29日閲覧。
  7. ^ Lineman Still enjoys being disruptive force on defense”. ピッツバーグ・ポスト=ガゼット (2011年9月15日). 2013年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]