デブバウィ・ケイバハリ地方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デブバウィ・ケイバハリ地方
ዞባ ደቡባዊ ቀይሕ ባሕሪ
Zoba Debubawi Keyih Bahri
位置
Eritrea SouthernRedSea.png
エリトリアにおけるデブバウィ・ケイバハリ地方(塗りつぶし部)。
統計
行政府所在地: アッサブ
面積: 27,600 km²
人口(2006年)
 • 人口密度:
203,618人
 • 7.38人/km²
等時帯: EATUTC+3
ISO 3166-2: ER-DK
テンプレートを表示

デブバウィ・ケイバハリ地方英語: Region of Southern Red Seaティグリニャ語:ዞባ ደቡባዊ ቀይሕ ባሕሪ〔Zoba Debubawi Keyih Bahri〕)はエリトリアの行政区画[1]

概要[編集]

デブバウィ・ケイバハリ地方は、エリトリアの行政区画。英訳名は Region of Southern Red Sea(南紅海州)。州都は紅海沿岸の都市アッサブ。エリトリアの紅海の海岸線のうち南半分を占める。セメナウィ・ケイバハリ地方(北紅海州)と北側で州境を接している。また、南から南西側にエチオピア、南東側にジブチとの国境を有している。面積は27,800平方キロメートル。行政官はツェゲレダ・ウォルドゲルギシュ2007年現在)。

500キロメートル以上にも及ぶ海岸線を有しているものの、海岸から内陸部の国境線までの幅は最大でも50kmしかない。主要な部分をダナキル砂漠が占め、主要な町としてアッサブ、ベイルルラヘイタティヨイディが挙げられる。地域内の最高地点はラムル山標高2,248メートル)。全域が年間降水量300mmを下回る乾燥地帯であり[1]、内陸部は地球上で最も荒廃した地域と一般に考えられている。

デブバウィ・ケイバハリ地方の下部行政区画[編集]

地区(District)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 国情報-エリトリア大使館,2011-02-23閲覧。

関連項目[編集]