デビッド・バーコウィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
David Berkowitz
デビッド・バーコウィッツ
個人情報
別名 サムの息子
生誕 1953年6月1日(60歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
ブルックリン区
有罪判決 殺人罪
判決 懲役365年
殺人詳細
犠牲者数 6人
犯行期間 1976年–1977年
アメリカ合衆国
ニューヨーク州
逮捕日 1977年8月10日

デヴィッド・リチャード・バーコウィッツ(David Richard Berkowitz, 1953年6月1日 - )はアメリカ合衆国連続殺人者1976年から1977年にかけて、ニューヨークを恐怖のどん底に陥れた。

ニューヨークブルックリン区の出身。本名はリチャード・デヴィッド・ファルコ(Richard David Falco)だったが、夫と別居状態にあった実母が不倫の末にもうけた子だったために生まれてまもなく養子に出されてファーストネームミドルネームを入れ替えた新しい名を与えられた。

学校では問題児で、学習の意欲を無くすと共に窃盗・放火癖を持つようになった。さらに、養母の病死に伴い養父が再婚したことにより、家庭とも疎遠になっていく。1971年アメリカ陸軍に入隊し、ベトナム戦争への参加を拒否したために代わりとしてアメリカ国内の基地や韓国の米軍基地で勤務。1974年に名誉除隊。その後は1977年に殺人罪で逮捕されるまで郵便局員として勤務。

1976年から1977年にかけて、ニューヨークで若い女性やカップルら13人を44口径の拳銃やショットガンで銃撃(一人は刃物で刺)して6人を殺害し、8人に重軽傷を負わせた。被害者に性的暴行を加えておらず、金品も奪わなかったが「サムの息子(Son of Sam)」 という名でマスコミや警察に支離滅裂な内容の手紙を送りつけ、町を恐怖のどん底に突き落とした。 1977年8月10日ニューヨーク市に隣接するヨンカーズで逮捕される。その後、殺人とともに2000件の放火を自供、その模様を詳しく記録していた。裁判では、弁護側は精神異常による無罪を主張したが、陪審は有罪を評決し、懲役365年となった(ニューヨーク州に死刑がなかったため)。現在も模範囚として服役している。

関連作品[編集]

外部リンク[編集]