デビッド・トッド・ウィルキンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デビッド・トッド・ウィルキンソン
人物情報
生誕 1935年5月13日
死没 2002年9月5日(満67歳没)
学問
研究分野 現代宇宙論
研究機関 プリンストン大学
主な受賞歴 ジェームズ・クレイグ・ワトソン・メダル (2001)
テンプレートを表示

デビッド・トッド・ウィルキンソン: David Todd Wilkinson, 1935年5月13日 - 2002年9月5日)はアメリカ合衆国宇宙物理学者。現代宇宙論における世界的なパイオニアで、特にビッグバンからの宇宙マイクロ波背景放射の研究で知られている。

ミシガン州の Hillsdale 生まれ。ミシガン大学にて H. Richard Crane指導の下、物理学博士号修得した。

1965年から退職年の2002年まで、プリンストン大学の物理学教授を務める。彼はNASAの二つの人工衛星(COBEWMAP)も含め、数多くの大型CMB実験に貢献した。なお、WMAPは打ち上げ後に彼が亡くなったため、彼の名がつけられた[1]

2001年、ジェームズ・クレイグ・ワトソン・メダルを受賞。

参考文献[編集]

  1. ^ “Physicist David Wilkinson, explorer of Big Bang afterglow, dies” (プレスリリース), Princeton University, (2002年9月6日), http://www.princeton.edu/pr/news/02/q3/0906-wilkinson.htm 2009年9月17日閲覧。