デビスカップ2012

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デビスカップ2012は第101回のデビスカップであり、2月から11月にかけて世界各地で開催された男子テニスの大会である。ドローは2011年9月にタイ・バンコクで行われた[1]

ワールドグループ[編集]

出場チーム

アルゼンチン

オーストリア

カナダ

クロアチア

チェコ

フランス

ドイツ

イタリア

日本

カザフスタン

ロシア

セルビア

スペイン

スウェーデン

スイス

アメリカ合衆国

シード:

  1.  スペイン
  2.  アルゼンチン
  3.  セルビア
  4.  フランス
  1.  チェコ
  2.  アメリカ合衆国
  3.  クロアチア
  4.  ロシア

ドロー[編集]

  1回戦
2月10-12日
準々決勝
4月6-8日
準決勝
9月14-16日
決勝
11月16日-18日
                                     
1   スペイン 5  
    カザフスタン 0  
    スペイン 4  
    オーストリア 1  
8   ロシア 2
    オーストリア 3  
    スペイン 3  
    アメリカ合衆国 1  
4   フランス 4  
    カナダ 1  
    フランス 2
    アメリカ合衆国 3  
6   アメリカ合衆国 5
    スイス 0  
    スペイン 2
    チェコ 3
    イタリア 1  
5   チェコ 4  
    チェコ 4
    セルビア 1  
    スウェーデン 1
3   セルビア 4  
    チェコ 3
    アルゼンチン 2  
    日本 2  
7   クロアチア 3  
    クロアチア 1
    アルゼンチン 4  
    ドイツ 1
2   アルゼンチン 4  

決勝[編集]


チェコ
3
O2アリーナチェコプラハ
2012年11月16日~18日
屋内

スペイン
2
1 2 3 4 5
1 チェコ
スペイン
3
6
4
6
4
6
     
2 チェコ
スペイン
6
3
3
6
6
3
65
7
6
3
 
3 チェコ
スペイン
3
6
7
5
7
5
6
3
   
4 チェコ
スペイン
2
6
3
6
5
7
     
5 チェコ
スペイン
6
4
7
6.00
3
6
6
3
   


ワールドグループプレーオフ[編集]

初戦敗退の8チームと地域グループ勝ち抜け8チームが9月14-16日まで実施。勝利国が翌年のワールドグループに昇格、または残留、敗戦国が地域グループ1に降格、または残留となる。ドローは4月11日、ロンドンのITF本部で実施された。

会場 ホーム スコア ビジター
カザフスタン  カザフスタン 3–1  ウズベキスタン
ドイツ  ドイツ 3–2  オーストラリア
日本  日本 2–3  イスラエル
ベルギー  ベルギー 5–0  スウェーデン
カナダ  カナダ 4–1  南アフリカ共和国
ブラジル  ブラジル 5–0  ロシア
イタリア  イタリア 4–1  チリ
オランダ  オランダ 2–3  スイス

脚注[編集]