デヒドロ酢酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デヒドロ酢酸[1]
識別情報
略称 DHAA
CAS登録番号 520-45-6 チェック
PubChem 10623
ChemSpider 10177 ×
UNII 2KAG279R6R チェック
EINECS 208-293-9
MeSH dehydroacetic+acid
特性
化学式 C8H8O4
モル質量 168.15 g mol−1
精密質量 168.042258744 g mol-1
外観 白色の結晶
融点

109 °C, 382 K, 228 °F

沸点

270 °C, 543 K, 518 °F

危険性
EU分類 有害 Xn
EU Index 607-163-00-2
Rフレーズ R22
Sフレーズ (S2)
関連する物質
関連物質 4-ピロン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

デヒドロ酢酸(デヒドロさくさん、: Dehydroacetic acid)はピロンの誘導体で、防かび剤殺菌料として、イチゴカボチャ漬物などに使われる[2]酵素入り歯磨剤にも使用される。

多くの場合、水への溶解度調整のため、ナトリウム塩デヒドロ酢酸ナトリウムとして使用される。

工業的には、さまざまな合成樹脂可塑剤として利用される[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Merck Index, 11th Edition, 2855
  2. ^ Handbook of Biocide and Preservative Use, Harold William Rossmoore, p. 341 ISBN 0751402125