デニーズ・ミーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デニーズ・ミーナ
(Denise Mina)
DeniseMina.jpg
誕生 1966年????
スコットランドの旗 グラスゴー
職業 作家
言語 英語
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
活動期間 1998年 -
処女作 『扉の中』
公式サイト http://www.denisemina.co.uk/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

デニーズ・ミーナDenise Mina1966年 - )は、スコットランドグラスゴー出身の推理作家劇作家

『扉の中』から始まるガーネットヒル三部作や、グラスゴーのジャーナリスト、パトリシア・ミーハン(通称:パディ)が主人公の小説3作などを発表している。「タータン・ノワール」と呼ばれるスコットランド風のミステリのほか、コミック『ヘルブレイザー』の原作などを執筆している[1]2006年から演じられている劇作品も好評を得ている。

パディ・ミーハン・シリーズの第1作"The Field Of Blood" は、BBCによって映像化され2011年に放送された(出演はジェイド・ジョンソンピーター・カパルディデビッド・モリシー他)[2]

経歴[編集]

1966年グラスゴーに生まれる。エンジニアである父の仕事の都合で、18年間でパリオランダデン・ハーグロンドンスコットランドノルウェーベルゲンなど通算21回引越しをした。16歳の時に高校を中退し、バーのメイドやコックなど様々な仕事を経験する。食肉加工場でも働いたことがある。大学進学前には、看護助手として老人やターミナルケア患者の世話をした。

1990年代ストラスクライド大学英語版犯罪学刑法を教えながら、精神疾患を抱えた女性犯罪者についての論文執筆の調査中に、処女作『扉の中』(原題:Garnelhill )の執筆を決めた。同作は1998年にトランスワールド社から刊行されると、CWA賞ジョン・クリーシー・ダガー賞(最優秀新人賞)を受賞した。

現在もグラスゴーで暮らしている。

作品リスト[編集]

小説[編集]

エディンバラ国際ブックフェスティバルにて著書にサインをするデニーズ・ミーナ

ガーネットヒル三部作[編集]

  • Garnethill (1998)
    • 扉の中(1999年11月、早川書房、松下祥子訳)
  • Exile (2000)
  • Resolution (2001)

パトリシア(パディ)・ミーハン・シリーズ[編集]

  • The Field of Blood (2005)
  • The Dead Hour (2006)
  • The Last Breath (2007) - アメリカでのタイトルは"Slip of the Knife"

アレックス・モロー・シリーズ[編集]

  • Still Midnight (2009)
  • The End of the Wasp Season (2010)
  • Gods and Beasts (2012)

その他[編集]

  • Sanctum (2003) - アメリカでのタイトルは"Deception"

コミック[編集]

出典[編集]

  1. ^ Irvine, Alex (2008), “John Constantine Hellblazer”, in Dougall, Alastair, The Vertigo Encyclopedia, New York: Dorling Kindersley, pp. 102–111, ISBN 0-7566-4122-5, OCLC 213309015 
  2. ^ Ellis, Maureen (13 December 2010), “Face to Face: Denise Mina”, The Herald (Glasgow), http://www.heraldscotland.com/life-style/real-lives/face-to-face-denise-mina-1.1074064 2010年12月14日閲覧。 

外部リンク[編集]