デニス・メドウズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デニス・メドウズ(2007年2月16日)

デニス・メドウズ(Dennis Meadows、1942年6月7日 - )はアメリカ合衆国環境学者。専門はシステム力学ローマクラブへの報告「成長の限界」のプロジェクトリーダーを務めゼロ成長論を提案して世界に大きな議論を巻き起こした。現在はニューハンプシャ―大学システム政策学の名誉教授でインタラクティブラーニング研究所代表。

経歴[編集]

1964年 カールトン・カレッジ卒業(化学専攻)、1969年 マサチューセッツ工科大学で経営学博士号取得。

受賞[編集]

  • ハンガリー大統領の名誉勲章(2005年)
  • ドイツユネスコ委員会の2006年平和賞(2006年)
  • 日本国際賞(2009年)

著書[編集]

  • 成長の限界(The Limits to Growth) (1972年)
  • 限界を超えて(Beyond the Limits)(1992年)
  • Creating High Performance Teams (1997年)
  • System Thinking Playbook (2001年)
  • 成長の限界 人類の選択(Limits to Growth: The 30-Year Update)( 2004年)

外部リンク[編集]