デニス・トンプソン (政治学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デニス・トンプソン(Dennis Frank Thompson、1940年5月12日 - )は、アメリカ合衆国政治学者ハーバード大学教授。政治倫理民主主義論が専門。

オハイオ州ハミルトン生まれ。ウィリアム・アンド・メアリー大学卒業後、フルブライト奨学生としてオックスフォード大学留学。1968年、ハーバード大学から博士号取得。プリンストン大学で教鞭をとった後、1986年からハーバード大学で教えている。

著書[編集]

  • The democratic citizen: social science and democratic theory in the twentieth century, Cambridge University Press, 1970.
  • John Stuart Mill and representative government, Princeton University Press, 1976.
  • Political ethics and public office, Harvard University Press, 1987.
  • Ethics in Congress: from individual to institutional corruption, Brookings Institution, 1995.
  • Just elections: creating a fair electoral process in the United States, University of Chicago Press, 2002.
  • Restoring responsibility: ethics in government, business, and healthcare, Cambridge University Press, 2005.

共著[編集]

  • Democracy and disagreement, with Amy Gutmann, Belknap Press of Harvard University Press, 1996.
  • Why deliberative democracy?, with Amy Gutmann, Princeton University Press, 2004.

編著[編集]

  • Ethics and politics: cases and comments, co-edited with Amy Gutmann, Nelson-Hall, 1984.
  • Truth v. justice: the morality of truth commissions, co-edited with Robert I. Rotberg, Princeton University Press, 2000.