デニス・ガンゼル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デニス・ガンゼル
Dennis Gansel
Dennis Gansel
2010年
生年月日 1973年10月4日(41歳)
出生地 西ドイツの旗 西ドイツハノーファー
国籍 ドイツの旗 ドイツ
職業 映画監督脚本家俳優
活動期間 1996 –
公式サイト Dennis Gansel

デニス・ガンゼル(Dennis Gansel、1973年10月4日 - )は、ドイツ映画監督脚本家

略歴[編集]

西ドイツニーダーザクセン州ハノーファーで出生する[1]。主に同市で育つ。1987年から1993年にかけて同市にあるテルカムプフシューレに通う。アビトゥーアに合格後、良心的兵役拒否者に課せられる非軍事的役務を努める。ミュンヘンテレビ映画大学にて学生生活を送り、のちに長年の映画製作の同僚となるクリスティアン・ベッカーと出会う。

1999年、主役のユルゲン・フォーゲルが捜査官を演ずるドイツ赤軍に関する政治スリラーテレビ映画『RAF/REDARMY FACTION英語版』を監督、国内で大きな反響を得て、アドルフ・グリメ賞を獲得する。2001年には最初の長編劇映画となった『GIRLS★GIRLS英語版』を監督した。2008年、映画『THE WAVE ウェイヴ英語版』を監督[2]、同作で2008年度ドイツ映画賞を授与される。2010年には学生時代から構想をもっていたヴァンパイア映画 『ブラッディ・パーティ英語版』を発表し[3]、長年の夢が成就。

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Biografie Dennis Gansel”. Filmstarts. 2013年6月21日閲覧。
  2. ^ EXCLUSIVE: Dennis Gansel Talks The Wave and We Are the Night”. MovieWeb. 2013年6月21日閲覧。
  3. ^ Director Dennis Gansel on Vampire Movies, and U.S. vs. European Film”. The Wall Street Journal. 2013年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]