デザイナーベビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デザイナーベビーdesigner baby)とは、受精卵の段階で遺伝子操作を行なうことによって、親が望む外見や体力・知力等を持たせた子供の総称[1][2]。親がその子供の特徴をまるでデザインするかのようであるためそう呼ばれる[1][2]デザイナーチャイルドdesigner child)、ジーンリッチgene rich)、ドナーベビーdonor baby)とも呼ばれる。

概要[編集]

デザイナーベビーは、遺伝子を選択して目や髪の色といった特定の身体的特徴を持つ子供の生まれる確率を上げる技術的アイデアである[1][2]。1990年代から受精卵の遺伝子操作は遺伝的疾病を回避することを主目的に論じられてきたが[3]、親の「より優れた子供を」「思いどおりの子供を」という欲求[4]に従い、外見的特長や知力・体力に関する遺伝子操作も論じられるようになってきた[1][5][6][7]。一本で、子どもが特定の性質を持つように事前に遺伝子を設計することは、技術的にも倫理的にも強く問題視されている[1][5]北里大学医学部臨床遺伝学教授の高田史男は『身長や知能など親の「パーフェクトベビー願望」をかなえる検査が、ビジネスの世界で歯止めなく広がるのは危険だ[1]。生活習慣病やがんなどのリスクは確定的なものではなく、多数の遺伝と環境因子が関わるという理解が必要だ』と懸念を示している[1]

報道された事例[編集]

  • 2013年9月24日、アメリカの個人向け遺伝子解析大手企業である「23アンドミー英語版」の「デザイナーベイビー」につながる自分と、精子や卵子の提供候補者ごとに遺伝情報を解析して、望み通りの子どもが生まれる確度を予測するシステムがアメリカ特許商標庁に認められた[1][2]。同社はGoogleの共同設立者らが出資[1]2007年から、唾液に含まれるDNAの遺伝子配列のわずかな違いを分析して、アルツハイマー病糖尿病など約120の病気のリスクのほか、目の色や筋肉のタイプなど計250項目を判定する事業を展開している[1][2]。2013年時点で、価格は99ドル(約1万円)で、利用者は50ヵ国以上、日本人を含め40万人を超えている[1][2]
  • 2015年2月24日、英国議会上院が、母系遺伝であるミトコンドリア遺伝子の異常による疾患であるMELASの治療のために、ミトコンドリアDNAに異常のある女性の受精卵から核を取り出し、正常なミトコンドリアDNAを持つ女性の脱核した卵子に移植するという手法で、3人の遺伝子をもつ受精卵を誕生させ、MELASの子供への遺伝を防止する技術を承認した[5]。この治療法は、ミトコンドリア脳筋症の根治的治療法として期待される一方で、英国上院での審議では「デザイナーベビー」につながるとの倫理上の懸念から反対意見や慎重論が根強かった[5]

デザイナーベビーの登場するフィクション[編集]

通常の文脈では人間以外の生物の遺伝子を導入することまったく新規の遺伝子をデザインし埋め込むことといったSFレベルの超技術はデザイナーベイビーの概念に含まれない場合が多い。一例、デザイナーベイビーの技術を解禁すべきと主張する者[誰?]はいるが、そのレベルの遺伝子改造を許可すべきと主張する者はそれよりはるかに少ない。[要出典]しかしこれらの作品にはその類も含まれることに留意すべきである。

  • 『カスタム・チャイルド』 - 壁井ユカコ著の小説。1970年代に起こったとされる形質発現遺伝子の発見と遺伝子開連技術の異常進化(俗に言う“遺伝子産業革命”)以降、出生前に遺伝子操作をすることによって子供の容姿や性格等を選択できる生殖ビジネスが一般化してしまった時代を描いた。書籍情報: ISBN 4840230277
  • ガタカ』 - アメリカの映画作品。
  • ダイバージェンス・イヴシリーズ』 - 異形の生命体・グールの遺伝子を組み込まれたデザイナーズ・チルドレンの子・紅葉みさきの運命を描くTVアニメ。他にも、みさきの父で、受精卵の段階でグールの遺伝子を組み込まれた紅葉十三や、普通の遺伝子操作を受けて誕生したジャン・リュック・ルブラン、プリム・スノーライトなどが登場(正確には、みさきはデザイナーズ・チルドレンの次世代にあたる)。
  • 『デザインベビー』 - テレビアニメ機動戦士ガンダム00』に登場するデザイナーベビー。強化人間「超兵」とすべく超人機関によりソーマ・ピーリス(マリー・パーファシー)がデザインベビーとして生み出されたと作中で本人が語った。また、ガンダムスローネのマイスター・トリニティ3兄妹もアレハンドロにより生み出されたデザインベビーである。
  • 『Schell Bullet』 - 幾原邦彦永野護によるSF小説。遺伝子改造により身体能力が強化された人類「ジーン・メジャー」と、生きた宇宙船と言うべき姿になった人類「ジーン・ライナー」が登場する。
  • YASHA-夜叉-』 - 生まれながらに神経細胞成長因子を組み込まれたDNAを持つ一卵性双生児「新しい人類(ネオ・ジーニス)」を描いた吉田秋生の漫画。
  • 優生人類(Augment) - アメリカのSFテレビドラマ『スタートレック』に登場するデザイナーベビー。『宇宙大作戦』では遺伝子工学ではなく優生学(疑似科学)の産物として描かれている。同作品原作者のジーン・ロッデンベリーは「他者に対する優位を植えつけられたものは、他者を抑圧することしか考えない」として、デザイナーベビーの是非を問うた。
  • ゴルゴ13』 - エピソード「バイオニック・ソルジャー」で、選別された親から生まれた子供に薬物投与で能力向上を行った兵士が登場。
  • 恐るべき子供たち計画 - 『メタルギアシリーズ』に登場。デザイナーチルドレンの理論が使われている。
  • 『ベガーズ・イン・スペイン』 - ナンシー・クレスのSF小説。遺伝子操作によって眠る必要がなくなった新人類「無眠人」が登場する。<無眠>は、生まれてくる子供をデザインするときにつけられるオプション機能のようなもの。
  • ウィノア特殊軍 - 茅田砂胡著の小説『スカーレット・ウィザード』に登場。惑星ウィノアの内戦で戦うために遺伝子操作で製造された強化兵士。非常に高い戦闘能力を有していたため「人間と交配不能なほど遺伝子を変質させた超人兵士」と噂され、連邦加盟の際に危険因子として全て処分された。実際には発動するかもわからない程度の能力向上因子の付与でしかなく、その戦闘能力は教育による思想が潜在能力を引き出していただけだと後に判明。作品時間で20年前の出来事のため既に存在しない。
  • 鉄腕バーディー』 - ゆうきまさみによる漫画作品。主人公バーディー・シフォンを始めとした「イクシオラ」は遺伝子操作によって身体能力や頭脳が強化されている。
  • ビッグ・ウォーズ』 - 荒巻義雄による小説作品。世界頭脳「サンタ・マリヤ」直属のエージェントとして遺伝子改造された受精卵による人間が登場。
  • 聖母・聖美物語」 - 2014年4月期の「昼ドラマ」。主人公の柳沢聖美は病院長の繁郎と結婚するが、なかなか出産できず、のちに不妊治療を受けて出産するが、その子供は小児急性骨髄性白血病にかかる。そこで、もう一人の健康な子供を産もうとするが、聖美は2人目の子供を産むには適さないという判断を受け、妹の愛美に代理母出産を強要した。
  • 『カミツキ』 - 革命機ヴァルヴレイヴに登場する異能者。カミツキ自体は異星生命体『マギウス』と同様の能力を後天的に得た存在の事を指すが、そのための素体となる人間はルーンが使えるように遺伝子操作をされている。これが行われていない通常の人間はマギウスの力を得る契約を行う事ができず肉体崩壊を起こして死亡してしまう。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k “デザイナーベビー? 遺伝子解析、好みの赤ちゃん 米で手法特許、倫理面で批判”. 朝日新聞. (2013年10月20日). http://www.asahi.com/articles/TKY201310190592.html 2015年2月25日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f “「遺伝子操作ベビー」誕生への新たな一歩”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2013年10月4日). http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304676604579114432346414044 2015年2月25日閲覧。 
  3. ^ “ワードBOX >デザイナーベビー”. 西日本新聞. (2015年2月25日). http://www.nishinippon.co.jp/wordbox/word/7404 2015年2月25日閲覧。 
  4. ^ パーフェクト・チャイルド・シンドロームと呼ぶことがある
  5. ^ a b c d “世界初「親3人」体外受精、英議会が承認 来年にも誕生”. 朝日新聞. (2015年2月25日). http://www.asahi.com/articles/ASH2T2HBMH2TUHBI00B.html 2015年2月25日閲覧。 
  6. ^ クローン人間以上に切迫した「デザイナーベビー」の問題
  7. ^ デザイナーベイビーは生まれている?

関連項目[編集]