デコカセットシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デコカセットシステム(DECO Cassette System)は1980年9月にデータイーストが開発した、アーケードゲーム基板である。アーケードゲームの汎用的なシステム基板として完成形となったものとしては、日本初とされる。通称は「DCシステム」「デコカセ」。

概要[編集]

アーケードゲームコンピュータゲームを作るにあたり、ハードウェアソフトウェアとも共通使用できるものは残しておき、ゲーム毎に異なる部分だけ入れ換えるという概念は、コンピュータゲーム作りがある程度進んだ時点で存在していたが、本システムはそれが確立された、もっとも初期のものと言える。

特徴としては、データの入れ替えが必要な部分にハードウェアでなく、当時日本のマイコン(少し後にパーソナルコンピュータという言い方に変わってくる)でもまだかなり採用されていた、カセットテープを採用した点にある。テープ自体は一般汎用されているコンパクトカセットタイプでなく、マイクロカセットのようなより小型のものであるが、後にコンパクトカセットタイプのバージョンもリリースされた。これにより全てハードとするよりは安価な作業を実現できた反面、毎回ロードに時間がかかるなと、テープメディアならではの長短両所をあわせ持つ。テープのほかにはセキュリティ対策のペアモジュールも、交換用部品として付属している。

本システムを組み込んだテーブル筐体は82万円と高めだが、ゲームを入れ換えるキットは38000円と安めで、日本の業界からも好意的に迎えられた。

デコカセ採用作品[編集]

  • ゲームの評価は当初やや低かったが、リリースが続くにつれ、一定以上のヒット作を生み出している。
  • スラッシュ(/)の後の英字名は、海外でのタイトル。
  • 当時の同社のゲームを基板構成別に見た場合、以下の3種類に分類できる。
  1. デコカセのみ
  2. デコカセと通常基板両方(下記■印参照) - アメリカでもデータイーストUSAで販売されたが、日本と比べ普及に苦労したので、結果として通常基板式も作られた。
  3. 通常基板のみ - 1983年後半から見られる。理由としては本システムに頼らなくてもヒット作となった、他社の製作ゲームをデータイーストが発売した、システム的にまったく異なるレーザーディスクゲームが登場した、本システムが第一線を退きかけた、など。

1980年[編集]

1981年[編集]

1982年[編集]

1983年[編集]

1984年[編集]

1985年[編集]

外部リンク[編集]