デゲネリア科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デゲネリア科
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: モクレン目 Magnoliales
: デゲネリア科 Degeneriaceae
学名
Degeneriaceae
I.W.Bailey & A.C.Sm. (1942)
  • デゲネリア属 Degeneria

デゲネリア科 (Degeneriaceae) は双子葉植物モクレン目に属するで、デゲネリア属の1属、フィジーに産する常緑低木Degeneria vitiensisの1種のみ(または Degeneria roseiflora を分けて2種)からなる。

はらせん状につき、子葉は3または4枚ある。両性花で、がく片3枚、多数の花弁雄蕊雌蕊1個からなる。

雌蕊は心皮1個が2つ折りにされて子房を形成し、融合した部分が細長い柱頭となっているが開花時には完全に閉鎖していない。この雌蕊の形態は被子植物としては原始的なものとされる。果実袋果で20-30個の種子を含む。

外部リンク[編集]