デグチャレフPTRD1941

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デグチャレフPTRD1941
Bundesarchiv Bild 101I-239-2090-16, Russland-Süd, Soldat mit Panzerbüchsen.jpg
大量に鹵獲されたPTRD-41
概要
種類 対戦車ライフル
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
設計・製造 ヴァシリ・A・デグチャレフ
性能
口径 14.5mm
銃身長 1,350mm
ライフリング 8条右回り
使用弾薬 14.5x114mm
装弾数 1発
作動方式 ボルトアクション式単発
全長 2,020mm
重量 15.75kg
発射速度 8〜10発/分
銃口初速 1,012 m/s (3,319.3 ft/s)
有効射程 400m

デグチャレフPTRD1941(ロシア語:ПТРД1941プラチヴァタンコーヴァイェ・ルジヨー・ヂクチリョーヴァ)は、1941年ソ連軍が採用したボルトアクション方式・単発の対戦車ライフルである。

名称はロシア語名に沿って表記すれば「デクチャリョーフ」となるが、日本語文献では慣習的に「デグチャレフ」と表記されている。「PTRD1941」とは「ProtivoTankovoye Ruzhyo Degtyaryova 1941 goda (Противотанковое ружьё Дегтярёва образца 1941 гола」(プラチヴァタンコーヴァイェ・ルジヨー・ヂクチリョーヴァ・オブラスツァー・トィースャヂ・ヂヴィチソート・ソーラク・ピェールヴァヴァ・ゴーダ)の略で、「デクチャリョーフ1941年型対戦車火器」という意味である。

概要[編集]

PTRD1941を取り扱う兵士。
使用する銃弾が通常のライフル銃(7mmクラス)のものより大きい。

PTRD1941は、ナチス・ドイツ軍の侵攻に合わせ急遽量産に入った。全長2.020m、重量15.75kgと長大だが、同時に採用されたシモノフPTRS1941よりは軽量である。また、ガス圧作動のセミ・オートマチックで連射できるPTRSと異なり、シンプルな構造であったため、生産性や信頼性で遥かに勝り、PTRSに先駆けて大量に配備された。

ボルトアクション方式の単発銃ではあるが、排莢が自動化(ロングリコイル方式)されている。構造的には半自動の対戦車砲に近く、速射性はセミ・オートマチックのシモノフ対戦車ライフルに大きく劣る物ではなかった。ショルダーストックにリコイルスプリングが入っており、射撃後反動によってストックを除く銃全体が65mm後退する。その際、ストックに溶接されたカーブを描いた鉄板にボルトハンドルが乗り上げ、ボルトの閉鎖が解除される。閉鎖解除されたボルトは、まだ残っている銃身内の圧力により突き戻され、薬莢はチャンバーから抜かれて下に空いた排出口から排出される。オイルを塗った綺麗な薬莢を使えば、ボルトは完全にオープンされる。上に空いた装填口へ次弾を装填してボルトを閉鎖すれば発射準備が整う。

初速1012m/sで発射される14.5mm弾は、有効射程の100mからIII号戦車IV号戦車の30mm側面装甲を貫通した他、防弾ガラスの入った覗き窓を簡単に破壊して乗員を死傷させた。このため、ドイツ戦車は開口部を減らし、覗き窓を溶接で埋め、さらにシュルツェンという補助装甲スカートを装着することで対抗した。さらにはティーガーパンターなど、より重装甲の新型戦車が登場するとこの銃による射撃で撃破するのは極めて困難になった。

しかし、当時のソ連ではHEAT弾の開発が遅れたため引き続き大量に使用され、キューポラや操縦手用のペリスコープ、砲身、起動輪、車外に身を露出した乗員などを狙撃して戦闘力を減じる用途に使われた。この銃を鹵獲したドイツ軍は、14.5mmPz.B783(r)の分類コード名を与え使用した。また、第二次大戦後も朝鮮戦争などで陣地攻撃等に使用されており、自衛隊基地には当時鹵獲されたと思われる同銃が保管・展示されている。

関連項目[編集]