デカンテーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワイン用のデキャンタ

デカンテーション(decantation)は、沈殿などの固形物を液体と分離するために、沈殿を含む液体を放置して固形物を沈殿させたのち、容器を静かに傾けて上澄みだけを流し去る操作をいう。泥状の固体コロイド状の沈殿を洗浄するためによく用いられる。

実験操作の他、ワイン(特に赤ワイン)を提供する際に、デキャンタと呼ばれるガラス容器(右写真)を用いて同様の操作(デカンタージュもしくはデキャンタージュ仏語:decantage)が行われる場合がある。これは沈殿物(澱)の除去の他、ワインの酸化に伴う芳香をより鮮明にするなどの目的[1]で行われる。目的によってデキャンタの形状は異なる。

脚注[編集]

  1. ^ 芳香をより鮮明にする目的で使用されるものとして、他にスピンワインやデキャンティングポアラーなどが挙げられる。
    硬いワインを開かせる最新ハイテクグッズ. 朝日新聞デジタル (朝日新聞). (2010年1月7日) 2013年8月2日閲覧。