デカヒドロナフタレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デカヒドロナフタレン
デカヒドロナフタレン
IUPAC名 ビシクロ[4.4.0]デカン
別名 デカリン
分子式 C10H18
分子量 138.25
CAS登録番号 [493-01-6] (cis), [493-02-7] (trans), [91-17-8] (mixture of cis and trans)
形状 無色液体
密度 0.897(cis), 0.87(trans) g/cm3, 液体
融点 -43(cis), -32(trans) °C
沸点 193(cis), 185(trans) °C

デカヒドロナフタレン (decahydronaphthalene) とは、化学式C10H18で表されるアルカンの一種である。デカリンとも呼ばれる。

トランス体(左)とシス体(右)。トランス体はすべてのメチレン基がエクアトリアルの位置にあるのに対し、シス体ではひとつがアキシアルに位置しているため立体障害が大きい。

1位と6位の水素立体配置によってシス体とトランス体の2種の異性体が存在し、物理的性質に違いがある。

ナフタレン水素化することによって合成される。常温で液体であり、溶剤として用いられる他、燃料電池の水素貯蔵材料としての研究が行われている[1]

参考文献[編集]

  1. ^ 産業技術総合研究所のプレスリリース「燃料電池用有機系水素貯蔵材料の新規合成法を開発」