デウカリオン (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デウカリオン
53311 Deucalion
仮符号・別名 1999 HU11
分類 太陽系外縁天体
軌道の種類 エッジワース・
カイパーベルト

キュビワノ族
発見
発見日 1999年4月18日
発見者 DES
軌道要素と性質
元期:2010年1月4日 (JD 2,455,200.5)
軌道長半径 (a) 44.054 AU
近日点距離 (q) 41.236 AU
遠日点距離 (Q) 46.872 AU
離心率 (e) 0.064
公転周期 (P) 292.41
軌道傾斜角 (i) 0.37
近日点引数 (ω) 242.74 度
昇交点黄経 (Ω) 51.42 度
平均近点角 (M) 290.56 度
前回近日点通過 1774年頃
次回近日点通過 2066年頃
物理的性質
直径 211 km
絶対等級 (H) 6.6
アルベド(反射能) 0.09?
表面温度 ~42 K
■Project ■Template

デウカリオン (53311 Deucalion) は、キュビワノ族の太陽系外縁天体である。アメリカ国立光学天文台キットピークで行った掃天観測によって発見された。

ギリシア神話に登場するプロメーテウスの息子で、妻のピュラーと共にゼウスが起こした大洪水を生き延び、新たな人間たちの祖となったデウカリオーンに因んで名付けられた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]