デイヴ・ヴァレンティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイヴ・ヴァレンティン
Dave Valentin
Dave Valentin 2008}
Dave Valentin 2008
基本情報
出生 1952年4月29日(62歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク市
学歴 ブロンクス・コミュニティ・カレッジ
ジャンル ジャズ
ラテン・ジャズ
クロスオーヴァー
職業 ミュージシャン
担当楽器 フルート
レーベル GRP

ヒューバート・ロウズ
デイヴ・グルーシン

デイヴ・ヴァレンティン(Dave Valentin 1952年4月29日 - )は、アメリカニューヨーク出身のジャズフルート奏者。

来歴[編集]

プェルトリカンの両親の元に生まれ、ブロンクス・コミュニティ・カレッジを卒業。10歳になるまでに、コンガボンゴなどのラテン・パーカッションを操っていたが、12歳にはラテン・クラブで働くようになっており、もっと専門的に音楽を学びたいと考えていた。

ジュリアード音楽院出身のヒューバート・ロウズのプライベート・クラスに入り、フルートに転向。ロウズによると、ヴァレンティンのフルートでのサウンドがすばらしくサクソフォンとの掛け持ちはさせなかったという(当時のビッグ・バンドでは、通常サクソフォン・セクションの誰かが同じ木管パートのフルートも受け持った)。当初はラテン・ミュージシャンの影響を受けていたが、次第に師のヒューバート・ロウズらのアメリカン・ジャズへと傾倒していく。

1940年代以降の音楽シーンでは、トランペットの大御所でラテン音楽に注目していたディジー・ガレスピーやキューバ出身のパーカッショニスト(打楽器奏者)のチャノ・ポソらによって、ジャズにラテン・リズムを融合させ、ラテン・ジャズという新しい音楽が推進されていた時期である。マチートマリオ・ブーザらのアレンジメントがこの動きに拍車をかけ、この新しいジャズのスタイルに多くのファンやヴァレンティンのような若いアーティストを巻き込んでいった。

ヴァレンティンはやがてプロとしてラテン・バンドで演奏するようになるが、その過程で、打楽器のような音の刻み方をしたり音色に自身の声を混ぜるなど従来にはない独自のフルート奏法を編み出し、そのようなテクニックを武器にして、ジャズのみならずR&Bや、あるいはサルサメレンゲなど幅広いジャンルの音楽を研究してこの流れに踏み込んでいき、その非凡な才能によって、アメリカのみならず世界各地にその名を印象付けていった。

1977年、25歳のときにリカルド・マレロのグループとともにレコーディング・デビュー、同時にノエル・ポインターのアルバムにも参加している。デイヴ・グルーシンおよびラリー・ローゼンに見出され、設立されたばかりの ”GRP(Grusin/Rosen Productions)” レーベルの最初のアーティストとして契約した。以降、このレーベルのポピュラーな魅力となって16枚のアルバムをリリース、POPR&Bブラジル音楽などからの影響をラテンスムーズ・ジャズと組み合わせて、滑らかで理解しやすいクロスオーヴァー・ジャズのかたちを創りあげ、市場では最も売れるラテン・ジャズ・ミュージシャンとなった。

1985年にはグラミー賞の候補ともなり、また、7年間に亘り「Jazziz Magazine Readers」の「リーディング・ジャズ・フルーティスト the leading jazz flutist」とされた。1988年には、ジャズ・クラブ「ブルーノート」に出演、その録音盤は『Live at the Blue Note』としてリリースされた。

1990年には、ジャズ・フルートの先達であるハービー・マンとのセッションを録音、『Two Amigos』として遺されている。1996年には RMMレコードから『Primitive Passions』を、1999年にはコンコード・ジャズから『Sunshower』をリリースしたが、ヒューバート・ロウズの多大な影響を受け、スムーズ・ラテン・ジャズの色合いをより全面に押し出したものとなっている。また、彼の作品においては、作曲家・編曲家・バンドリーダーとしての他に、「the most celebrated Latin flutist today」であるとクレジットされている。

2000年、同じプェルトリカンでラテンの大家であるティト・プエンテとの協演が、ラテン・ジャズのドキュメンタリー・フィルム「Calle 54」に収められた。また、キューバ出身の打楽器奏者であるホレイシヨ・エル・ネグロ・ヘルナンデス および女性ヴォーカリストの ミオ・ソティスと演奏旅行を行った。

2005年からは、ハイノート・レコードと契約、『World On A String (’05)』 そして『Come Fly With Me (’06)』をリリースした。また、ピアニストのビル・オコンネルといくつかのコラボレーションを行い、2006年のラテン・グラミー賞にノミネートされた。

ディスコグラフィ[編集]

  • Flute Juice (GRP, )
  • Pied Piper (GRP, )
  • Love Light in Flight (GRP, )
  • Light Struck (GRP, )
  • Land of the Third Eye (GRP, )
  • Kalahari (GRP, )
  • Jungle Garden (GRP, )
  • Legends (GRP, 1979)
  • The Hawk (GRP, 1980)
  • I Got It Right This Time (GRP, 1981)
  • In Love's Time (GRP, 1982)
  • Mind Time (GRP, 1987)
  • Live at the Blue Note (GRP, 1988)
  • Two Amigos (MCA Victor, 1990) : with Herbie Mann
  • Musical Portraits (GRP, 1991)
  • Red Sun (UNI/GRP, 1992)
  • Tropic Heat (GRP, 1993)
  • Primitive Passions (RMM, 1996)
  • Sunshower (Concord, 1999)
  • Come Fly with Me (HighNote, )
  • Pure Imagination (HighNote, )
  • World on a String (HighNote, )

参考文献[編集]

  • Wikipedia英語版:Dave Valentin の項(概訳)
  • 「Music of Puerto Rico - Valentín, Dave」 by Evan Bailyn (2006):下記サイト記事参照

外部リンク[編集]