デイヴィッド・ヴィッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイヴィッド・ヴィッター
David Bruce Vitter
DVitterOfficial.jpg
生年月日 1961年5月3日(52歳)
出生地 ルイジアナ州ニューオーリンズ
出身校 ハーバード大学オックスフォード大学
所属政党 共和党
配偶者 ウェンディ・ボールドウィン・ヴィッター
サイン David Vitter Signature.svg

選挙区 ルイジアナ州
当選回数 2回
任期 2005年1月3日 -

選挙区 ルイジアナ州第1選挙区
当選回数 3回
任期 1999年5月29日 - 2005年1月3日

アメリカ合衆国の旗 ルイジアナ州下院議員
選挙区 ルイジアナ州下院・第81選挙区
任期 1992年 - 1999年5月29日
テンプレートを表示

デイヴィッド・ブルース・ヴィッター(David Bruce Vitter、1961年5月3日 - )は、ルイジアナ州ニューオーリンズ出身の米国の政治家で、現在は上院議員。所属政党は共和党宗教ローマ・カトリック。ウェンディ夫人との間に4人の子供がいる[1]

下院議員[編集]

1998年の中間選挙で、共和党が議席を減少させたことで当時下院議長だったニュート・ギングリッチの政治的責任を問う声が勃発、ギングリッチはこれを受け下院議長辞任、下院議員の職も同時に辞す考えを明らかにした。ギングリッチが退任の意向を示したことで、共和党内で白羽の矢が立ったのは党内保守派の代表格で下院歳入委員長を勤めていたボブ・リビングストンの名前だった、しかしながらこの人事案はほとんど間をおかず白紙となる。リビングストンが下院議長の座を目前で逃した理由は女性問題、それも複数の女性問題で、当時の共和党は党を挙げてビル・クリントン大統領の女性問題を批判していた経緯があり、共和党としてはすぐさまリビングストンの首を差し出す必要があった。リビングストンはこれを受け下院議員の職も辞任、また、これは後に明らかになることだが前述のギングリッチが下院議長の職を追われた真の理由は敗戦責任(議席は減少させたものの過半数割れには至っていない)ではなく女性問題、とりわけ病弱の妻を捨て(現在の夫人)と不倫関係を続けていた悪質性を党内が重く見たためである。リビングストンの引責辞任を受け、99年5月にルイジアナ州・第1区の補欠選挙実施が決定。ヴィッターは補選への出馬を決意、ルイジアナ州の選挙は過半数を制した候補者が不在の際には上位二人による決選投票となる2回投票制の為、同選挙は元KKK幹部のデイヴィッド・デュークら6人が乱立する激戦だったが、ヴィッターは第1回目の投票では22%の得票で2位につけ、5月22日に実施された決選投票では同州・元知事のデイヴィッド・トリーンを2%差で破り当選を果たした。2000年、2002年の下院選でも、ヴィッターは何れも8割の得票を得て再選を果たしている。ルイジアナ1区は全米で共和党の組織力が最も高い地域で、同選挙区の共和党候補の得票率は常時8割前後で推移しているほど強固である。2003年には知事選への出馬が囁かれたが、最終的な出馬は見送っている。

上院議員[編集]

2004年には上院選への出馬を表明、南部では絶大な支持を誇るジョージ・ブッシュ大統領との相乗効果で早々と当選を決める。対する民主党候補は乱立気味でヴィッターは終始選挙戦を優位に運んでいた。当選後は、軍事委員会や銀行委員会に所属、下院議員時代と同様、急進的な保守政策を推進、ジム・デミントジェフ・セッションズらと行動を共にすることが多く、2007年には上院に上程された不法移民合法化法案をデミントらと共に否決に追い込んでいる。一方、同年秋には政界を揺るがす売春事件が浮上、これを受け買春に関与していたニューヨーク州エリオット・スピッツァー知事は辞任に追い込まれ[2]、ヴィッター自身にも買春への関与が浮上、これにより、ヴィッターには辞任圧力が高まったものの、ウェンディ夫人と共に開いた謝罪会見では一定の理解を得ることができその職に留まった。2009年に発足したバラック・オバマ政権に対しては、対決姿勢を一貫して崩さず、同年初頭に発足したティーパーティー運動に対しては発足当初から理解を示し共闘してきた為、買春事件で批判があったものの2010年の上院選では同勢力の支持を受け、終始優位のまま本選に突入[3]。同年8月実施の党内予備選ではチェット・トレイラー州最高裁判事ら2人の対抗馬が出たもののヴィッターは88%の得票で信任を得る[4]。民主党側は、チャーリー・メランソン下院議員に候補を一本化してヴィッターに挑んだものの結果はヴィッターの圧勝[5][6]。同州3区のメランソンの後継候補も敗北している。

出典[編集]

  1. ^ Sen. David Vitter 2004 Campaign Ads Veracifier,2007年7月10日
  2. ^ 事件の舞台 「メイフラワー」 で聞いたアーミテージ発言島田洋一ブログ (Shimada Yoichi Blog),2008年3月14日
  3. ^ 2010 Louisiana Senate Race RASMUSSEN PEPORTS,2010年9月1日
  4. ^ KPLC: Vitter easily wins Republican Primary -- Goes door to door in Lafayette VitterforSenate,2010年8月31日
  5. ^ US SENATE/Louisiana Result CNN ELECTION CENTER,2010年11月2日
  6. ^ Vitter Thanks Supporters, Vows To Repeal Obamacare wdsutv ヴィッター再選演説,2010年11月2日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]