デイヴィッド・ラパポート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デイヴィッド・ラパポートラパポルト・ダーヴィド、David Rapaport, Rapaport Dávid(Dezső), 1911年9月30日 - 1960年12月14日)はハンガリー出身のアメリカ心理学者ユダヤ系

ブダペストに生まれる。大学数学物理学心理学を学び、1938年アメリカに移住。アメリカ精神分析協会の臨床異常心理学部門の創設に加わり、臨床心理学の発展に貢献。

主な業績は、精神分析理論の体系化、思考過程とその病態化の研究、分裂病を対象としたロールシャッハ反応思考病理学的分析など。

精神分析学の立場から、自我心理学社会心理学の統合を目指した。

外部リンク[編集]