デイヴィッド・ペック・トッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイヴィッド・ペック・トッド

デイヴィッド・ペック・トッド(David Peck Todd, 1855年3月19日 - 1939年6月1日)はアメリカ合衆国天文学者

経歴[編集]

ニューヨーク州のレイクリッジに生まれた。1870年からコロンビア大学、その後アマースト大学にうつり1875年に卒業。1888年にワシントン・アンド・ジェファーソン大学で博士号を取得した。1875年から1878年までアメリカ海軍天文台、1878年から1881年までアメリカ編暦局助手、1881年から1917年までアマースト大学教授と付属天文台長を務めた。1882年から1887年の間はスミス大学の教授も務めた。

アマースト大学天文台、スミス大学天文台の建設を指揮し、1907年にはペルーの標準時の設定を行った。1882年の金星の日面通過の観測では初めて、写真観測を行った。皆既日食の観測隊に何度も参加し、1887年と1896年には日本での観測を行った。1896年には日本での教育の業績により明治天皇から賜杯を贈られた。

トッドの参加した天文観測隊には以下のものがある。

  • 1878年のテキサスでの日食観測
  • 1887年の日本での日食観測
  • 1889年と1890年の西アフリカの科学調査隊
  • 1896年の日本でのアマースト大学日食観測隊
  • 1900年のトリポリでのローウェル日食観測隊
  • 1901年のオランダ領東インド諸島でのアマースト大学日食観測隊
  • 1907年アンデスでの火星観測
  • その他、1905年にトリポリ、1914年にロシア、1918年にフロリダ、1919年にブラジルアルゼンチンで日食観測を行った。

火星の衛星フォボスクレーターにトッドの名前が付けられたほか、小惑星(511)ダビダはトッドの名から、(510)メイベラにはトッドの妻の名から命名された。

『オースティンとメイベル』[編集]

トッドは1879年にメイベル・ルーミスと結婚するが、メーベルは詩人のエミリー・ディキンソンの兄オースティン・ディキンソンと恋愛事件を起こす。彼らの間のラブレターは後にポリー・ロングスワースによって"Austin and Mabel: The Amherst Affair & Love Letters of Austin Dickinson and Mabel Loomis Todd" (ISBN 0374107165)として出版された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]