デイヴィッド・ウェーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイヴィッド・ウェーバー
David Weber
David and Sharon Weber at CONduit 17.png
デイヴィッド・ウェーバー(左、2007年)
誕生 1952年10月24日(61歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オハイオ州クリーブランド
職業 小説家
ジャンル SFミリタリーSF)、ファンタジー歴史改変SF
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

デイヴィッド・ウェーバーDavid Mark Weber1952年10月24日 - )は、アメリカ合衆国小説家SF作家オハイオ州クリーブランド出身。現在は妻と3人の子と多数の犬と共にサウスカロライナ州グリーンビル在住[4]

1991年に作家デビュー。1993年から発表している海洋冒険小説のスタイルを踏襲したSF小説「オナー・ハリントン・シリーズ」で高い評価を受けている。

以前は小さな広告代理店を経営していたが、現在は専業作家となっている[1]

作家活動[編集]

日本に紹介されている作品はいずれもミリタリーSFだが、他にもハイ・ファンタジースペースオペラ歴史改変SFなどの作品がある。それでも、多くの作品が軍事(特に海軍)をテーマとしている。かつて男性のみによって占められていた役割を女性に割り当てるなどして、軍隊や政治の中で女性が直面している挑戦を描いている。描かれる社会は一貫して理性的なテクノロジー社会である[2]

軍事史愛好家でもあり、その歴史愛好熱は作品にも表れている。どの時代が好きということはないが、いつの時代でも軍事と外交に主に興味があるという[5]

5年生のころ小説を書き始めた[2]。初めて商業出版された長編小説は、ウォー・シミュレーションゲームStarfireのデザイナーを務めた副産物として生まれた[1][4]。ウェーバーは登場人物の背景をかなり詳細に掘り下げて人物を作り上げることが多い[2]。また、執筆は夕方以降に行うことが多い[5]

ウェーバーはSF大会などに招待された場合は極力出席するようにしている。これは、読者と直接会うことで有益なフィードバックが得られるからだという。また、そうして出会ったファンの名を作品に登場させることもある[5]


オナー・ハリントン[編集]

最も有名な作品は、星間帝国マンティコアの女性軍人オナー・ハリントンの活躍を描いた『オナー・ハリントン・シリーズ』である。近年では同時期のマンティコアの他の人々の活躍を中心に描き、オナー・ハリントンも登場する『Wage of Sinシリーズ』や『Saganami・シリーズ』、オナーの先祖の活躍を描いた『ステファニー・ハリントン・シリーズ』も執筆されている。これらのシリーズの内容は相互に補完し合い絡み合うので、合わせて読むことが勧められる。

作品リスト[編集]

  1. 『新艦長着任!』 (On Basilisk Station)
  2. 『グレイソン攻防戦』 (The Honor of the Queen)
  3. 『巡洋戦艦<ナイキ>出撃!』 (The Short Victorious War)
  4. 『復讐の女艦長』 (Field of Dishonor)
  5. 『航宙軍提督ハリントン』 (Flag in Exile)
  6. 『サイレジア偽装作戦』 (Honor Among Enemies)
  7. 『囚われの女提督』 (In Enemy Hands)
  8. 『女提督の凱旋』 (Echoes of Honor)
  9. (未訳) (Ashes of Victory)
  10. (未訳) (War of Honor)
  11. (未訳) (At All Costs)
  12. (未訳) (Mission of Honor)
  13. (未訳) (A Rising Thunder)
  • オナー・ハリントン関連のCrown of Slaves シリーズ(Eric Flintとの共著)
  1. (未訳) (Crown of Slaves) with Eric Flint
  2. (未訳) (Torch of Freedom) with Eric Flint
  • オナー・ハリントン関連のSaganami Island シリーズ
  1. (未訳) (The Shadow of Saganami)
  2. (未訳) (Storm from the Shadows)
  3. (未訳) (Shadow of Freedom)
  • オナー・ハリントン関連のアンソロジー(多数の著者による)
  1. (未訳) (More Than Honor)
  2. (未訳) (Worlds of Honor)
  3. (未訳) (Changer of Worlds)
  4. (未訳) (The Service of the Sword)
  5. (未訳) (In Fire Forged)
  6. (未訳) (Beginnings)
  • ステファニー・ハリントンを主人公としたThe Star Kingdomシリーズ
  1. (未訳) (A Beautiful Friendship)
  2. (未訳) (Fire Season) (Jane Lindskoldとの共著)
  3. (未訳) (The Treecat Wars) (Jane Lindskoldとの共著)
  • 「反逆者の月」シリーズ 早川書房<ハヤカワ文庫SF>
  1. 『反逆者の月』(Mutineer's Moon)
  2. 『反逆者の月 2 帝国の遺産』(Armageddon Inheritance)
  3. 『反逆者の月 3 皇子と皇女』(上・下) (Heirs of Empire)
  • 「セーフホールド戦史」シリーズ 早川書房<ハヤカワ文庫SF>
  1. 『オペレーション・アーク 1』
  2. 『オペレーション・アーク 2』

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d Hot News from Baen Books”. Baen Books (2000年3月3日). 2009年1月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Interview by Alyse Wilson
  3. ^ Anvil, Christopher (First printing, April 2003). “Introduction by David Weber”. The Interstellar Patrol. edited by Eric Flint, Cover art by Mark Hennessey-Barratt. P.O. Box 1403, Riverdale, NY 10471: Baen Publishing Enterprises. pp. p. 3. ISBN ISBN 0-7434-3600-8. http://www.baen.com. "I'm delighted that someone is making Christopher Anvil's work available once again. Especially the Interstellar Patrol stories. Vaughan Roberts, Morrissey, and Hammell have always been three of my very favorite characters, and I've always loved Anvil's . . . peculiar sense of humor.
       "I suppose, if I'm going to be honest, that Roberts' J-class ship is another of my favorite characters. In fact, although I hadn't realized it until I sat down to write this introduction, I suspect that there was a lot of the Patrol boat's computer hiding somewhere in the depths of my memory when I created Dahak for the Mutineers' Moon series. After all, Dahak is simply another self-aware ship kidnapping itself a captain on a somewhat larger scale. They even have a few personality traits in common."
     
  4. ^ a b Mission of Honor by David Weber - Baen Books
  5. ^ a b c Stephen Hunt (2002年). “In Honor I gained them”. SF Crowsnest.com. 2010年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]