デイヴィッド・アーミテイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デイヴィッド・アーミテイジ(David Armitage, 1965年 - )は、イギリス出身の歴史学者。専門は、近代イギリス史、国際関係史、政治思想史。

ケンブリッジ大学で博士号取得。コロンビア大学助教授・准教授・教授を経て、2004年からハーバード大学歴史学部教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • The Ideological Origins of the British Empire, (Cambridge University Press, 2000).
平田雅博岩井淳大西晴樹井藤早織訳『帝国の誕生――ブリテン帝国のイデオロギー的起源』(日本経済評論社, 2005年)
  • Greater Britain, 1516-1776: Essays in Atlantic History, (Ashgate, 2004).
  • The Declaration of Independence: A Global History, (Harvard University Press, 2007).
平田雅博・岩井淳・菅原秀二・細川道久訳、『独立宣言の世界史』、ミネルヴァ書房、2012年

編著[編集]

  • Political Writings: Bolingbroke, (Cambridge University Press, 1997).
  • Theories of Empire, 1450-1800, (Ashgate, 1998).
  • British Political Thought in History, Literature and Theory, 1500-1800, (Cambridge University Press, 2006).

共編著[編集]

  • Milton and Republicanism, co-edited with Armand Himy and Quentin Skinner, (Cambridge University Press, 1995).
  • The British Atlantic World, 1500-1800, co-edited with Michael J. Braddick, (Palgrave, 2002).