デイブ・ニーハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイブ・ニーハウス
Dave Niehaus 1.jpg
デイブ・ニーハウス
プロフィール
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ州プリンストン
生年月日 1935年2月19日
没年月日 2010年11月10日(満75歳没)
最終学歴 インディアナ大学
職歴 カリフォルニア・エンゼルス球団専属アナウンサー(1969年 - 1976年)
シアトル・マリナーズ球団専属アナウンサー(1977年 - 2010年) ほか
活動期間 1957年 - 2010年
ジャンル スポーツ
出演番組・活動
過去 専属プロ野球球団の試合中継

デイブ・ニーハウスDave Niehaus1935年2月19日 - 2010年11月10日)は、アメリカメジャーリーグベースボール(MLB)の中継実況アナウンサーインディアナ州プリンストン生まれ。MLB球団シアトル・マリナーズの専属アナウンサーとして試合中継を長年担当し、2008年に実況放送関係者の「野球殿堂入り」にあたる、フォード・C・フリック賞を受賞した。

経歴[編集]

1957年インディアナ大学を卒業後、しばらく軍のラジオ放送を担当した後、主にロサンゼルスを本拠地とするプロスポーツチーム(ロサンゼルス・ドジャースレイカーズラムズなど)の実況放送を担当していた。

1969年にMLB球団カリフォルニア・エンゼルスの中継クルーへ加わった時、専属アナウンサーとなり、ディック・エンバーグ、ドン・ドライスデールらと共に1976年まで中継を担当する。

1977年にMLBの球団拡張に伴い、シアトル・マリナーズの当時の経営陣の一人だったダニー・ケイの誘いでマリナーズの専属ラジオアナウンサーとなり、以後30年にわたってマリナーズの試合の殆どの実況放送(2010年終了時点で、全5,385試合のうちの5,284試合)を担当した。その間、1995年と1996年にワシントン州のスポーツキャスター・オブ・ザ・イヤーを受賞、2000年にはマリナーズ球団殿堂入りの表彰を受けている。2004年には、ワシントン州のブロードキャスター・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

試合中継においては有名な決まり文句が多く、

  • "My, oh my!"(好プレーや大記録などに対する驚きの表現)
  • "It will fly away!"(ホームランが出たとき)
  • "Get out the rye bread and mustard grandma! It's grand-salami time!"(満塁ホームランがでたとき)[1]

などがある。

マリナーズ在籍当時のアレックス・ロドリゲスに、"A-Rod"のニックネームをつけたのもニーハウスである。[2]

2010年11月10日、ワシントン州の自宅に於いて、心臓発作を発症し急逝[3][4][5]。75歳没。これを受けてマリナーズは2011年シーズン、ユニフォームの右袖にニーハウスを追悼するエンブレムを付けてプレーした。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「グランドスラム」と「グラン・サラミ(サラミ・サンドイッチ)」をかけたもの。"Get out the rye bread and mustard grandma! It's grand-salami time!"
  2. ^ newsday.com 2008/9より。”. newsday.com. 2009年10月17日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ デーブ・ニーハウス氏死去 大リーグの名物アナウンサー - 47NEWS 2010年11月11日付(日本語)
  4. ^ マリナーズの名物アナウンサーが心臓発作で死去 - MSN産経ニュース 2010年11月11日付(日本語。インターネットアーカイブ2011年2月17日付保存キャッシュより)
  5. ^ http://seattletimes.nwsource.com/html/mariners/2013399999_niehaus11.html (英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]