デイゼン・リツェンハイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイゼン・リツェンハイン Portal:陸上競技
Dathan Ritzenhein 2009 London Marathon.jpg
選手情報
フルネーム Dathan Ritzenhein
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 長距離走
所属 Nike Oregon Project
生年月日 1982年12月30日(31歳)
生誕地 ミシガン州グランドラピッズ
身長 170cm
体重 53kg
自己ベスト 1500m:3分42秒99(2002年)
3000m:7分39秒03(2007年)
2マイル:8分11秒74(2007年)
5000m:12分56秒27(2009年)
10000m:27分22秒28(2009年)
ハーフマラソン:1時間00分00秒(2009年)
マラソン:2時間9分55秒(2009年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

デイゼン・リツェンハイン(英語表記:Dathan Ritzenhein、1982年12月30日 - )はアメリカの陸上競技選手。専門は長距離走ベルリン世界陸上10000mアメリカ合衆国代表。北アメリカ5000m記録(12分56秒27)の前保持者である。コーチは、以前はブラッド・ハドソンであったが、現在はナイキ・オレゴン・プロジェクトに参加しており、アルベルト・サラザールである。

経歴[編集]

2007年、大阪世界陸上選手権の10000mに出場し、9位であった。

2008年、北京オリンピック男子マラソンに出場し、2時間11分59秒の記録で9位に入った。

2009年、チューリッヒで行われたゴールデンリーグの5000mに出場した。レースでは中盤まで最後尾付近でレースを進めるも、ケネニサ・ベケレのロングスパートで集団が崩れだすと、怒涛の追い上げを開始し、優勝したベケレには及ばなかったものの、12分56秒という素晴らしいタイムでゴール、見事米国新記録(当時)を樹立した。 そして、ベルリン世界陸上選手権の10000mに出場、ケニアやエチオピアなど長距離の強豪国の選手に混じり自己新記録で6位入賞を果たしている。また、同じく2009年に行われた世界ハーフマラソン選手権でも、自己ベストを1分35秒も更新し3位になるなど、2009年はすばらしい活躍を見せた。

2010年、本格的にロードに転向するも、フォームを変えたこと等による故障に悩まされ、芳しい結果を残せなかった。しかし、アメリカクロスカントリー選手権のシニア12キロでは優勝を飾っている。

2011年も同様に故障による影響から芳しい結果は残せなかった。

2012年、ロンドンオリンピックのマラソンでの米国代表を勝ち取るため、米国マラソン選手権に出場した。アメリカのマラソン代表の選考方法は、同選手権の上位3人を選出するという選考方法である。しかし、途中でのアクシデント等で1~3位の集団から離され単独4位となるものの終盤追い上げ、自己新記録である2時間9分55秒を記録するも、3位のAbdi Abdirahmanに数秒及ばない4位でのゴールとなり、代表選考に漏れ、涙をのむ結果となった。

自己記録[編集]

参考資料・外部リンク[編集]