ディーノ・208/308GT4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディーノ308GT4

ディーノ・208/308GT4およびフェラーリ・208/308GT4は、イタリアスポーツカーメーカーのフェラーリ1973年から1980年まで生産したミッドシップ2+2座席スポーツカー。フェラーリ初のV型8気筒エンジン市販車である。当初は246GTの後継車と位置づけられ「ディーノ」ブランドで販売されたが、1976年5月以降は「フェラーリ・208/308GT4」に改名され、車体各所にフェラーリのエンブレムやバッジが付けられた。

概要[編集]

208GT4[編集]

208GT4は1975年に追加された。2,000cc以上に懲罰税的な課税をしていた当時のイタリア国内向けのモデルで、1,991ccにサイズダウンされたV8エンジンは170馬力/7,700rpmを発揮、最高速度220km/hを維持した。低められたファイナルギア比、省略されたフォグランプがその他の308GT4との違いである。

生産台数[編集]

308GT4/208GT4は、1980年にモンディアル8に交代するまでの7年間に、2,826台が生産された。246GTや308と比較すると地味な存在で、中古車価格も割安であったが、近年になって乗り心地の良さや典型的1970年代のスタイルが再評価され、徐々にコレクターズアイテムとなりつつある。

メカニズム[編集]

2+2[編集]

ディーノ・206/246が完全な2座席スポーツカーでピニンファリーナの丸みを帯びたデザインを特徴としていたのとは対照的に、フェラーリとしては異例にも当時のベルトーネのチーフデザイナーのマルチェロ・ガンディーニによる角ばったデザインのボディを持ち、当時のライバル車であるランボルギーニ・ウラッコマセラティ・メラクを意識した2+2のシートレイアウトを採用していた。

シャシーは基本的には246GTと同じ設計だったが、2+2化によりホイールベースも2,550mmに延長され、運動性能は246GTに比べて低下した。このため従来の246GTもしばらく並行生産され、生産中止1年後の1975年に登場するフェラーリ・308がその需要層を吸収した。

エンジン[編集]

V8エンジンは新設計で、2,927cc4キャブレターで250馬力(欧州仕様)を発揮したが、アメリカ向けはガソリンの質(アメリカのガソリンは日本のハイオクやヨーロッパに比べオクタン価が低い)と排ガス対策などで230馬力に落とされた。このエンジンは今日まで続くV8エンジンシリーズの源流となった。なお1,991ccにデチューンされた208GT4はイタリア国内でしか発売されていない。

フェラーリ ロードカータイムライン 1970年代-<- Previous  
タイプ 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
FR V12 365GTB/4 550マラネロ 575Mマラネロ 599GTBフィオラノ F12ベルリネッタ
2+2 365GTC/4 365GT/4・2+2 400 400i 412 456 GT 456M GT 612スカリエッティ
V8 カリフォルニア
MR V6/V8 ディーノ246 308 308QV 328 348 348G 360モデナ F430 458イタリア
208 F355
2+2 ディーノGT4 モンディアル
V12 365GT4BB 512BB 512BBi テスタロッサ 512TR F512M
4WD/4シーター FF
スペシャル 288GTO F40 F50 エンツォフェラーリ ラ・フェラーリ
XXプログラム FXX 599XX