ディーゼルサイクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディーゼルサイクルは、等圧サイクルとも呼ばれる、非可逆熱サイクルの一種である。 低速ディーゼルエンジン理論サイクルである。

サイクル[編集]

ディーゼルサイクルのPV線図
  1. 温度T1:V1からV2まで断熱圧縮→2 温度T2
  2. 温度T2:Q1の熱を等圧力で吸熱、V3まで膨張→3 温度T3
  3. 温度T3:V3からV1まで断熱膨張→4 温度T4
  4. 温度T4:Q2の熱を等容積で放熱→1 温度T1

理論熱効率[編集]

Q1 = h3 - h2 = CP ( T3 - T2 )

Q2 = u4 - u1 = CV ( T4 - T1 )

W = Q1-Q2 = CP ( T3 - T2 ) - CV ( T4 - T1 )

σ = V3 / V2 = T3 / T2

ε = V1 / V2

κ = CP / CV

ηth = W/Q1 = 1 - CV ( T4 - T1 )/ CP ( T3 - T2 )
= 1 - ( T4 - T1 )/ κ ( T3 - T2 )
= 1 - ( 1 / ε )κ-1{( σκ - 1 ) / κ( σ - 1)}

ηth : 理論熱効率 W : 有効仕事 ε : 圧縮比 σ : 定圧膨張比 κ : 比熱比 CP : 定圧比熱 CV : 定積比熱 h : 気体のエンタルピー u : 気体の内部エネルギー V : 気体の体積 T : 絶対温度