ディヴァインパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディヴァインパーク
英字表記 Divine Park
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2004年3月20日
Chester House
High in the Park
母の父 Ascot Knight
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケンタッキー州
生産 ラニーメイドファーム
ケイツビー・クレイ
馬主 ジェームズ・バリー
調教師 キアラン・マクローリン(アメリカ)
競走成績
生涯成績 9戦6勝
獲得賞金 60万7935USドル
テンプレートを表示

ディヴァインパークDivine Park)とはアメリカ合衆国で生産された元競走馬で、現在はエアドリースタッドで繋養されている種牡馬である。競走馬時代の主戦騎手アラン・ガルシアが務めた。

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

2007年(3歳)

3歳時の2月に競走馬デビュー戦を迎え、デビュー戦で初勝利を挙げた。続く4月の初のオールウェザー戦となったアローワンス競走をレコードタイムで制して2勝目を挙げ、その3週間後には重賞競走初挑戦となったウィザースステークス(G3)も制して重賞競走初勝利を挙げた。その後は休養を挟み、12月にG1競走初挑戦となったマリブステークスに出走したが、ジョニーイヴスに敗れて9着という結果に終わった。

2008年(4歳)

古馬となり、2月のジェネラルジョージハンデキャップ(G2)ではバスティンストーンスに敗れて7頭中最下位の7着という結果に終わったが、3月にアローワンス競走を制して4勝目を挙げた。続く4月のウェストチェスターハンデキャップ(G3)も制し、5月にはメトロポリタンハンデキャップを制してG1競走初勝利を挙げた[1]。そして8月のウッドワードステークスカーリンに敗れて7頭中6着という結果に終わり、この競走を最後に競走馬を引退した。

種牡馬時代[編集]

5歳となった2009年よりケンタッキー州にあるエアドリースタッドで種牡馬入りした。

血統表[編集]

ディヴァインパーク血統ミスタープロスペクター系Northern Dancer 4×4×5=15.63%

Chester House
1995 鹿毛
Mr. Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
Toussaud
1989 黒鹿毛
El Gran Senor Northern Dancer
Sex Appeal
Image of Reality In Reality
Edee's Image

High in the Park
1994 栗毛
Ascot Knight
1984 鹿毛
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Bambee T.T. Better Bee
Golden Beach
Czar's Princess
1984 栗毛
Czaravich Nijinsky II
Black Satin
Honor an Offer Hoist the Flag
Bridget o'Brick F-No.1-c
血統背景

脚注[編集]

  1. ^ 鞍上のガルシアとマクローリン厩舎共に同競走初勝利となった。

外部リンク[編集]