ディンムハメッド・クナーエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Stamps of Kazakhstan, 2012-01.jpg

ディンムハメッド・アーメドヴィチ・クナーエフカザフ語:Дінмұхаммед Ахмедұлы Қонаевロシア語:Динмухаммед Ахмедович Кунаев1911年1月12日 - 1993年8月22日)は、カザフ・ソビエト社会主義共和国政治家ソ連共産党員。ヴェールヌイ市(現アルマトイ市)出身。

1936年、モスクワ非鉄金属・金大学を卒業し、鉱山技師の資格を得た。1939年ソ連共産党に入党。

大学卒業後、「プリバルハシュストロイ」に派遣。第二次世界大戦中、「アルタイポリメタル」コンビナートの副主任技師、技術課長、並びにレニノゴルスク鉱山管理所リッデル鉱山所長。

その後、カザフ・ソビエト社会主義共和国人民委員会議議長(1942年 - 1952年)、カザフ・ソビエト社会主義共和国科学アカデミー総裁(1952年 - 1955年)、カザフ・ソビエト社会主義共和国閣僚会議議長(1955年 - 1960年1962年 - 1964年)、カザフスタン共産党中央委員会第一書記(1960年 - 1962年、1964年 - 1986年)として働いた。レオニード・ブレジネフ書記長とはブレジネフがカザフ共産党第一書記時代、アカデミー総裁、首相として農業改革を手伝った間柄であり、ブレジネフの中央復帰、書記長就任とともにクナーエフも厚く遇された。

クナーエフは、20年以上ソ連共産党中央委員会政治局員であり、25年以上カザフ・ソビエト社会主義共和国最高会議代議員だった。

1986年12月11日、クナーエフの不在時に政治局会議が突然開かれ、彼は年金生活に送られた。12月16日、カザフスタン共産党中央委員会幹部会会議が行われ、ロシア人のゲンナジー・コルビンが第一書記に選出された。このことは、カザフ人の暴動の原因ともなった。

また、スターリンからゴルバチョフの時代を生き抜き、スターリン時代からの最後の生き残りとなった。1991年8月19日ソ連8月クーデターから2年後の1993年8月22日死去した。82歳。

パーソナル[編集]

100件以上の科学論文を有する。カザフ・ソビエト社会主義共和国科学アカデミー会員。

社会主義労働英雄の称号を3度受賞。著書に、「私の時代」(1992年)、「スターリンからゴルバチョフまで」(1994年)がある。

関連項目[編集]

先代:
N.ベリャエフ
カザフスタン共産党第一書記
1960年 - 1962年
次代:
イスマイル・ユスポフ
先代:
イスマイル・ユスポフ
カザフスタン共産党第一書記
1964年 - 1986年
次代:
ゲンナジー・コルビン