ディンカ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディンカ語
Thuɔŋjäŋ
発音 IPA: /t̪uɔŋ.ɟa̤ŋ/
話される国 SPLA/Mの「新スーダン」旗 南スーダン
地域 歴史的スーダン
母語話者数 200万~300万人
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語 なし
統制機関 なし
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 din
ISO 639-3 dinマクロランゲージ
個別コード:
dip — 北東部ディンカ語(Padang)
diw — 北西部ディンカ語(Ruweng)
dib — 中南部ディンカ語(Agar)
dks — 南東部ディンカ語(Bor)
dik — 南西部ディンカ語(Rek)
テンプレートを表示

ディンカ語Thuɔŋjäŋ)はナイル・サハラ語族に属する方言連続体である。話者はディンカ族の人々である。ディンカ族は、南スーダンの主要な民族グループである。 現在の人口は不明である。1986年でおおよそ150万人であった。そこから2010年でおよそ2倍の人口になっていると推計される。ディンカ語には、5つの主要な言語がある。それはRek、Padang、Bor、Agar、Alor-Ruwengである。

言語的特徴[編集]

音声学[編集]

母音

前舌 後舌
plain breathy plain breathy
狭母音 i u
半狭母音 e o
半広母音 ɛ ɛ̤ ɔ ɔ̤
広母音 a

子音

両唇音 歯音 歯茎音 硬口蓋音 軟口蓋音
鼻音 m n ɲ ŋ
破裂音 p b t̪ d̪ t d c ɟ k g
摩擦音 ɣ
R音 ɾ
接近音 l j w

形態学[編集]

単数形 複数形 gloss 母音交代
[dom] [dum] 'field/fields' ([o-u])
[kat] [kɛt] 'frame/frames' ([a-ɛ])
(Bauer 2003:35)

声調言語[編集]

ディンカ語は声調言語である。

方言[編集]

相対的な地理的位置関係により5つの方言に分ける説がある。

  • 北東部(Padang) (方言: Abiliang, Dongjol, Luac, Ngok-Sobat, Ageer, Rut, Thoi)
  • 北西部(Ruweng) (方言: Alor, Ngok-Kordofan, Pan Aru, Pawany)
  • 中南部(Agar) (方言: Aliap, Ciec, Gok, Agar)
  • 南東部(Bor) (方言: Bor (Athoc, Gok), Duk (Nyarweng and Hol), Twi)
  • 南西部(Rek) (方言: Rek, Abiem, Aguok, Apuk, Awan, Kuac, Lau, Luac/Luanyang, Malual, Paliet, Palioupiny, Twic)

スーダンの地図

文字[編集]

ディンカ語はラテン文字で書かれている。20世紀初頭からは変化してきている。現在のアルファベットは:

a ä b c d dh e ë ɛ ɛ̈ g ɣ i ï k l m n nh ny ŋ o ö ɔ ɔ̈ p r t th u w y

脚注[編集]

外部リンク[編集]

他参照[編集]

  • Andersen T. (1987). "The phonemic system of Agar Dinka." Journal of African Languages and Linguistics 9, 1–27.
  • Andersen T. (1990). "Vowel length in Western Nilotic languages." Acta Linguistica Hafniensia 22, 5–26.
  • Andersen T. (1991). "Subject and topic in Dinka." Studies in Language 15, 265–294.
  • Andersen T. (1993). "Vowel quality alternation in Dinka verb inflection." Phonology 10, 1–42.
  • Beltrame, G. (1870). Grammatica della lingua denka. Firenze: G. Civelli.
  • Malou, Job. Dinka Vowel System. Summer Institute of Linguistics and the University of Texas at Arlington Publications in Linguistics. ISBN 0-88312-008-9.
  • Mitterrutzner, J. C. (1866). Die Dinka-Sprache in Central-Afrika; Kurze Grammatik, Text und Worterbuch. Brixen: A. Weger.
  • Nebel, A. (1979). Dinka-English, English-Dinka dictionary. 2nd. ed. Editrice Missionaria Italiana, Bologna.
  • Nebel, A. (1948). Dinka Grammar (Rek-Malual dialect) with texts and vocabulary. Instituto Missioni Africane, Verona.
  • Trudinger. R. (1942-44). English-Dinka Dictionary. Sudan Interior Mission
  • Tuttle. Milet Picture Dictionary English-Dinka. (at WorldLanguage.com)

関連項目[編集]