ディミトリー・ピログ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディミトリー・ピログ
基本情報
本名 ディミトリー・ピログ
通称 The Grandmaster(グランドマスター)
階級 ミドル級
身長 185cm
リーチ 178cm
国籍 ロシアの旗 ロシア
誕生日 1980年6月27日(34歳)
出身地 テムリュク
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 20
勝ち 20
KO勝ち 15
テンプレートを表示

ディミトリー・ピログDmitry Pirog、男性、1980年6月27日 - )は、ロシアプロボクサーテムリュク出身。元チェスプレーヤー。元WBO世界ミドル級王者。

来歴[編集]

ピログはチェスプレイヤーであったが、運動不足を解消しようと地元のジムへサッカーをしに行ったところボクシングとたまたま出会いボクシングを始めた[1]。アマチュアでは230戦、国内のアマチュア選手権に何度も輝いている。2005年にプロに転向した。

プロ時代[編集]

2005年7月29日、プロデビュー。6回TKO勝ち。

2006年4月16日、モスクワのカジノ・クリスタルにてロシアミドル級王者セルゲイ・タテヴォヤンを3-0(98-91、98-93、97-95)の判定で破り、王座を獲得した。同王座は1度防衛し返上した。

2007年6月2日、アリクサンダー・ヴァイアヴォダ(ベラルーシ)とCISBBミドル級王座決定戦で対戦し、9回TKO勝ちで獲得した(同王座は一度も防衛せず返上)[2]

同年10月25日、同国人アレクエィ・チィーコブとABCOミドル級王座決定戦を行い、2回終了時にチィーコブが負傷しセコンドが棄権を申し出てTKO勝ち。王者を獲得した。

2008年4月12日、アスランベク・コドゾーエフとWBOアジア太平洋ミドル級王座決定戦とABCOミドル級王座の初防衛戦を行い、4回KO勝ちでWBOアジア太平洋ミドル級王座の獲得とABCOミドル級王座の初防衛に成功。ABCOミドル級王座は、同年12月の試合を最後に返上し、WBOアジア太平洋王座は2010年2月にエリック・ミッチェル(アメリカ)と対戦し勝利した後に返上した。


2009年6月26日ドイツでコーフィー・ジャンツァー(ガーナ)とWBCインターナショナルミドル級王座決定戦で対戦し、3-0の大差判定で勝利し、獲得。その王座は一度も防衛することなく返上した。

2010年4月27日、WBCバルチィックミドル級王者でバルチィクキングの異名を持つセルゲィ・ミレス(エストニア)と対戦し、6回TKO勝ちで王座を獲得した(同王座は一度も防衛することなく返上)。

同年7月31日、世界初挑戦と同時にアメリカデビュー戦。マンダレイ・ベイ・イベント・センターにて、セルヒオ・マルチネスが返上したWBO世界ミドル級王座決定戦にてダニエル・ジェイコブスと対戦し、判定では0-3(37-39、37-39、37-39)とリードを許していたものの、5回57秒TKO勝ちを収め、逆転で王座を獲得した。ジェイコブスはこの試合が初黒星となった。

2011年3月26日、初防衛戦でハビエル・フランシスコ・マシエル(アルゼンチン)と対戦し、10回に1点減点されるも、3-0(115-112、117-110、116-111) の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2011年9月25日、2度目の防衛戦でゲンナジー・マーティロスヤンと対戦。マーティロスヤンの10回終了時棄権により2度目の防衛に成功した。

2012年5月1日、モスクワクリタツコエ・スポーツ・パレスにて、元WBA世界スーパーウェルター級暫定王者石田順裕を迎え3度目の防衛戦を行い、3-0(119-109,120-108,117-111)の判定勝ちで3度目の防衛に成功した[3]

2012年8月25日、ゲンナジー・ゴロフキンの持つWBA世界ミドル級王座並びにIBO世界ミドル級王座に挑戦予定であったが、ピログ自身のトレーニング中の負傷によりゴロフキンへの挑戦はグジェゴシ・プロクサが代わりに務めることが決まった。しかしピログの復帰戦の目処が立たず、防衛戦が行えないため王座を剥奪された。

獲得タイトル[編集]

  • ロシアミドル級王座
  • CISBBミドル級王座
  • ABCOミドル級王座
  • WBOアジア太平洋ミドル級王座
  • WBCインターナショナルミドル級王座
  • WBCバルチィックミドル級王座
  • WBO世界ミドル級王座(防衛3度)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Dmitry Pirog Looks to Checkmate Danny Jacobs”. Max.Boxing (2013--). 2013年12月7日閲覧。
  2. ^ CISBB王座はWBC傘下の独立国家共同体およびスロベニアボクシング事務局王座である。
  3. ^ 石田、0-3の判定で敗れる/ボクシング 日刊スポーツ 2012年5月2日閲覧

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
セルヒオ・マルチネス
第20代WBO世界ミドル級王者

2010年7月31日 - 2012年8月(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ハッサン・ヌダム・ヌジカム