ディミトリオス1世 (コンスタンディヌーポリ総主教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディミトリオス1世総主教(ギリシャ語 Πατριάρχης Δημήτριος、英語 Patriarch Demetrius I 1914年9月8日 - 1991年10月2日)は、1972年7月16日から1991年までコンスタンディヌーポリ総主教に在位。総主教に選立(せんりつ)される前は、イムヴロス府主教として奉職していた。イスタンブルに生まれ、イスタンブルで永眠している。

1983年5月、日本ハリストス正教会フェオドシイ永島府主教が、ギリシャ正教会の主教会議、およびコンスタンディヌーポリの総主教庁を訪問した際、ディミトリオス1世と会見した。

先代:
アシナゴラス1世
コンスタンディヌーポリ全地総主教
1972年 -1991年
次代:
ヴァルソロメオス1世

関連項目[編集]