ディペンドラ・ビール・ビクラム・シャハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディペンドラ・ビール・ビクラム・シャハ
Dipendra Bir Bikram Shah
ネパール王
Dipendra Shah.jpg
ディペンドラ・ビール・ビクラム・シャハ
在位 2001年6月1日 - 2001年6月4日
全名 दीपेन्द्र वीर बिक्रम शाहदेव
ディペンドラ・ビール・ビクラム・シャハ・デーブ
出生 1971年6月27日
ネパールの旗 ネパールカトマンズ
死去 2001年6月4日(満29歳没)
ネパールの旗 ネパールカトマンズ
王朝 ゴルカ朝
父親 ビレンドラ
母親 アイシュワリヤ
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

ディペンドラ・ビール・ビクラム・シャハ・デーブネパール語: दीपेन्द्र वीर बिक्रम शाहदेव, ラテン文字転写: Dipendra Bir Bikram Shah Dev1971年6月27日 - 2001年6月4日)は、ネパール王国の第11代君主(在位:2001年6月1日 - 2001年6月4日)。第10代ビレンドラの長男。

生涯[編集]

1971年6月27日ビレンドラ・ビール・ビクラム・シャハの息子として生まれた[1]

2001年6月1日、王宮内で父ビレンドラ国王を始め王族9人を銃で殺害し、その後自殺を図ったとされる(ネパール王族殺害事件[2]

ディペンドラは意識不明のまま即位したが、3日後の6月4日に死亡。ディペンドラの即位に伴って摂政に就任していたた叔父のギャネンドラが新国王に即位した。

脚注[編集]

  1. ^ Nepal 12
  2. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.678

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]