ディプノリンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディプノリンクス
地質時代
デボン紀前期 - 中期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 顎口上綱 Gnathostomata
: 肉鰭綱 Sarcopterygii
亜綱 : 肺魚亜綱 Lungfish
: Dipteriformes
: ディプノリンクス科 Dipnorhynchidae
: ディプノリンクス属 Dipnorhynchus
学名
Dipnorhynchus

ディプノリンクス (Dipnorhynchus) は古生代デボン紀前期から中期に生息していた絶滅した魚類で、現生のハイギョの仲間。

頭骨の構造が両生類の近縁と見なされているエウステノプテロン以上に両生類と似ており、ディプノリンクスこそ両生類の直接の先祖、またはその仲間という説もある。

体長約90 cm。

関連項目[編集]