ディフェンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディフェンス: defense: defence英語発音: /diˈfens/、ディフェンス)は、防御・守備・防衛という意味の英語で、軍事的に用いられる場合は防衛施設を指し、的に用いられる場合は弁護側(被告側)を指し、スポーツでは守備側を指す。

スポーツ[編集]

スポーツで用いられる場合の英語発音は、/diˈfens/(ディフェンス)および /ˈdiːfens/ディーフェンス)の2通りがある。

サッカーラグビーホッケーハンドボールアメリカンフットボールバスケットボールなどのスポーツ競技において、得点されるのを防ぐ目的でオフェンスの意図を読み、これを邪魔することである。あるいは、守備側のサイドや守備にあたる選手そのものを指す。

攻守の入れ替わる競技においては、守備の終わりは攻撃の始点となる。すなわちディフェンスの良いチームは攻撃回数もおのずと増えるため、トップレベルの試合ではディフェンス力の高いチームが好成績を収める傾向にある。それほどディフェンスは重要なファクター(要素)であり奥の深いものである。

サッカーやバスケットボールなどにおいてディフェンスは、マンツーマンディフェンスゾーンディフェンスプレスディフェンスの3種類に大きく分けられる。それぞれの特徴は、以下の通りである。

マンツーマンディフェンス
守備の選手が、それぞれ決められた相手選手をマークしてその攻撃を防ぐディフェンス。
ゾーンディフェンス
守備の選手が、各自割り当てられた特定の区域を守り、そこでの敵の攻撃を防ぐディフェンス。
プレスディフェンス
常に相手選手にプレッシャーを与え続け、ボールを奪ったりミスを犯させたりするディフェンス。マンツーマンともゾーンとも組み合わせ可能であり、例えばゾーンディフェンスと組み合わせるとゾーンプレスとなる。

デファンス[編集]

英語のディフェンスにあたるフランス語デファンス: défenseフランス語発音: [defɑ̃ːs] デファーンス)であり英語と同様の意味だが、日本語で「デファンス」と言う場合には以下のような意味で用いられる。

エトワール凱旋門の屋上から見たラ・デファンスの遠景


関連項目[編集]