ディテクションクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディテクションクラブ(The Detection Club)は推理作家の親交を目的としてイギリスに設立されたクラブ。日本ではイギリス推理作家クラブともいう。英国推理作家協会(CWA、1953年創立)とは別物である。

1928年~1930年の間にアントニー・バークリーが中心となって設立された。初代会長はG・K・チェスタートンである。第一次世界大戦後に確立した新興の本格推理小説が、スリラーの中に埋没するのを防ぎ、ジャンルとして発展させる目的があった。定期的に晩餐会を催し作家の親睦を図ってもいた。
CWAとは違って伝統的なクラブに近く、招聘者のみが入会を許された。当初は入会時に、当時は新しい規範であったフェアプレーの遵守、盗作盗用をしない、などの条件を秘密儀式めかして誓約していた。近年は下記のリストからもうかがえるように、本格推理小説の書き手に限らず入会が認められている。イギリス人以外では、1930年に、当時英国に在住していたオーストラリア人のヘレン・シンプスンが初めて参加を認められた。

クラブがスポンサーとなって、複数の会員による連作長編や書下ろしアンソロジーが、1930年代から現在にいたるまで、断続的に刊行されている。

歴代会長[編集]

著名な歴代会員[編集]

主な刊行物[編集]

  • 漂う提督 (連作)
  • 警察官に聞け (連作)
  • 13の判決 (書下ろしアンソロジー)訳書には「英国推理作家協会編」と記されているが誤記である。

参考文献[編集]

  • ダグラス・G・グリーン著(森英俊他訳)『ジョン・ディクスン・カー 奇蹟を解く男』、国書刊行会、1996年11月。ISBN 4-336-03884-8

関連項目[編集]