ディック・エリオット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディック・エリオット
Richard "Dick" Elliott
ディック・エリオットRichard "Dick" Elliott
生年月日 1886年4月30日
没年月日 1961年12月22日(満75歳没)
出生地 マサチューセッツ州ボストン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ディック・エリオット(Richard "Dick" Elliott 1886年4月30日 - 1961年12月22日)はアメリカ合衆国俳優。1930年代から亡くなる直前まで240以上の作品に出演。

略歴[編集]

マサチューセッツ州ボストン出身。

様々な役を演じてきたが、政治家など大声でわめくような役が多かった。背が低く太っているためジミー・デュランテアンディ・グリフィスレッド・スケルトンジャック・ベニーなどの番組でサンタクロースを演じることもあった。印象に残る役柄をいくつか演じており、その一つは1946年の『素晴らしき哉、人生!』でジェームズ・ステュアート演じるジョージ・ベイリイがドナ・リード演じるメアリーにおやすみの挨拶をしようとしたところを見付けて説教し、何も言わずにただ行ってキスするようにアドバイスをする役である。

テレビ版『スーパーマン』でも何度か印象的な登場をしている。彼の最後の作品とされる『メイベリー110番』で初期の頃に演じた市長のパイク役でよく知られている。

主な出演作品[編集]

外部リンク[編集]