ディスカバリーチャンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディスカバリーチャンネル
開局 1985年6月17日
所有者 ディスカバリー・コミュニケーションズ
映像形式 480iSDTV
1080iHDTV
スローガン The world is just awesome.
世界
言語 英語
本社 シルバースプリング(メリーランド州)
姉妹チャンネル ディスカバリー・ネットワークス
公式サイト Official Website

ディスカバリーチャンネル(Discovery Channel)は、ディスカバリー・コミュニケーションズ社が運営するアメリカケーブルテレビネットワークチャンネル。

1985年6月17日放送開始。35の言語で世界170カ国以上に放送され、視聴世帯数4億5千万世帯を擁する世界最大のドキュメンタリーチャンネルである。

科学・テクノロジー、歴史、車・バイク、建築、ミリタリー、人体、旅、パニック・災害、超常現象・事件・事故、冒険・挑戦の10ジャンルを網羅している。

2009年4月より新ロゴに変更。

日本のディスカバリーチャンネル[編集]

ディスカバリー・ジャパン株式会社
Discovery Japan,Inc
種類 株式会社
本社所在地 郵便番号:100-0005
東京都千代田区丸の内1-8-1
丸の内トラストタワーN館11F
設立 1997年8月12日
業種 情報・通信業
事業内容 ケーブルテレビ局、及びデジタル衛星放送向け番組供給事業
代表者 代表取締役社長 ジェイムス・ギボンス
資本金 25億4482万509円(2003年4月現在)
従業員数 25名(2007年8月現在)
主要株主

株式会社ジュピターテレコム 50%

ディスカバリー・アジア社 50%
外部リンク http://japan.discovery.com/
テンプレートを表示
ディスカバリーチャンネル
Discovery Channel
基本情報
運営(番組供給)事業者 ディスカバリー・ジャパン株式会社
本社(本部) 〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館11階
放送(配信)開始 1997年10月1日
HD放送(配信)開始 2008年10月1日
ジャンル ドキュメンタリー
放送内容 自然、科学などのドキュメンタリー
視聴可能世帯数 6,695,566世帯(2010年6月現在)
衛星基幹放送(東経110度CS放送)
プラットフォーム スカパー!
放送事業者 株式会社サテライト・サービス
チャンネル番号 Ch.340(SD16:9)
物理チャンネル ND6
視聴料金 月額715(税込750)円
放送開始 2002年7月1日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.676(HD)
視聴料金 月額715(税込750)円
放送開始 2009年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 ジュピターサテライト放送株式会社
チャンネル番号 Ch.321
視聴料金 月額715(税込750)円
放送開始 1997年10月1日
ディレクTV(放送終了)
放送事業者 スーパーデジタル放送株式会社
チャンネル番号 Ch.520
放送開始 1997年12月1日
放送終了 2000年9月30日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 2010年3月末配信打ち切り
eo光テレビ 873(HD)
J:COM 652(HD)
JCN 603
公式サイト
ディスカバリーHD
Discovery HD
基本情報
運営(番組供給)事業者 ディスカバリー・ジャパン株式会社
放送(配信)開始 2005年12月14日
HD放送(配信)開始 2005年12月14日
放送(配信)終了 2008年9月30日
ジャンル ドキュメンタリー
放送内容 自然、科学などのドキュメンタリー
視聴可能世帯数 113万世帯(2007年11月現在)
その他(再送信・配信)
J:COM 266(HD)※当時
特記事項:
2008年10月1日より同一チャンネル番号で「ディスカバリーチャンネル」HD放送開始。

日本では1987年三菱商事を通じてケーブルテレビ局や衛星放送への番組供給を開始。

1997年ジュピター・プログラミング・ネットワーク住友商事TCIの合弁。現・ジュピターテレコム メディア事業部門)との合弁会社「ディスカバリー・ジャパン株式会社」を設立、同年10月に旧・スカパー!でディスカバリーチャンネルの放送を開始。

現在、ケーブルテレビ局やスカパー!プレミアムサービス衛星一般放送事業者は標準画質放送はジュピターサテライト放送、ハイビジョン放送はスカパー・ブロードキャスティング)、スカパー!(東経110度CS放送)(衛星基幹放送事業者はサテライト・サービス)で放送されている。また、2012年9月29日より、スカパー!にて16:9の画角情報を付加し、フルサイズのSD放送を開始した。

BS朝日では2000年12月の開局より「ベスト オブ ディスカバリー」を放送していたが、2007年5月放送を終了した。また、モバHO!「モバイル.n」で一部の番組が視聴可能であったが、こちらも2008年9月末で放送を終了している。

2010年4月よりBSフジで『ディスカバリーチャンネル・セレクション』(日曜22:30 - 23:25→土曜17:00 - 17:55→日曜17:00 - 18:00と変更)として一部放送されている。また、BSスカパー!スカチャン5でも『ディスカバリーチャンネル アワー』として一部放送されている。

ディスカバリーチャンネル(HD放送)[編集]

2005年12月、J:COMなど一部ケーブルテレビ局で「ディスカバリーHD」として放送開始。

全番組がHDTV(1080i)で制作された番組で編成され、SDTVからのアップコンバートは行っていない。また、一部の番組を除きドルビーデジタル5.1chサラウンド音声で放送されていた。

また、ディスカバリーチャンネル以外のディスカバリー・コミュニケーションズで制作された番組も放送されていた。

2008年10月1日より「ディスカバリーチャンネル ハイビジョン」にチャンネル名を変更、ディスカバリーチャンネルのサイマル放送となった。

2012年9月29日より「ディスカバリーチャンネル」に再改称。

ディスカバリーチャンネル(日本)で流れるCM[編集]

Planetgreen放送時のみ(提供番組)

2010年2月までに提供終了

at home presents明日への扉放送時のみ(提供番組)

シリーズ キャセイパシフィック放送時のみ(提供番組)

サタデーナイト・スペシャル放送時のみ(提供番組)

サイエンスフロンティア・プレミアディスカバリー放送時のみ(提供番組)

など

その他、損害保険会社のCM(アクサダイレクト・ソニー損保など)、通販情報番組(トーカ堂、ドクターシーラボなど)、他チャンネルの番組宣伝(アニマルプラネットAXN旅チャンネルなど)、衛星放送協会のCMも流れる。

また、ACジャパンのCMが流れることがある。

DVD[編集]

日本では角川書店と提携してカテゴリー別のシリーズ物として販売を行っている。

自転車チーム[編集]

2005年より2007年まで、UCIプロツアーに参戦する自転車ロードレースチームのメインスポンサーとしても活動していた。監督はヨハン・ブリュイネール。元々は2004年までUSポスタル・サービスがメインスポンサーだったチームを引き継いだものである。

2005年にはエースのランス・アームストロングツール・ド・フランス個人総合7連覇を達成したが、アームストロングは同レースを最後に現役を引退。2007年には新たなエースとしてイヴァン・バッソを獲得したものの、2006年より続く自転車競技界における一連のドーピング疑惑(詳しくはオペラシオン・プエルトを参照)に巻き込まれ、同年4月末日、バッソはチームを離脱。

ところが迎えた2007年のツール・ド・フランスでは若手のアルベルト・コンタドールが(ドーピング問題に絡んで総合優勝をほぼ手中にしていたミカエル・ラスムッセンの失格の影響もあったが)ツール・ド・フランス総合優勝及び最優秀若手賞受賞、エースのリーヴァイ・ライプハイマーも僅差の総合3位、チームそのものもチーム総合優勝(上位3選手の走破タイムが最も短いチームが獲得する)となるなど、終わってみれば圧勝というべき成績を残した。しかしディスカバリーチャンネルは以前から2007年を最後にスポンサーを降板することを発表しており、チームは新たなスポンサー探しをしていたが、スポンサーの獲得には至らず、2007年を限りにチームは解散することとなった。その後にヨハン・ブリュイネール含むチームメンバーの多くがアスタナ・チームへと移籍した。

日本人選手としては、別府史之が2005年から解散の2007年まで同チームに所属していた。

その他[編集]

日本国内での放送では、本国で最初と最後のCM(スポット)部分は、放送されない。ただし、2011年6月12日22時から放送された「世界から見た東日本大震災」では、全CM部分がカットされている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]