ディグ・ア・ポニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディグ・ア・ポニー
ビートルズ楽曲
収録アルバム レット・イット・ビー
リリース 1970年5月8日
録音 アップル・スタジオ
1969年1月30日
ジャンル ロック
時間 3分54秒
レーベル アップル・レコードEMI
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース フィル・スペクター
レット・イット・ビー 収録曲
A面
  1. トゥ・オブ・アス
  2. ディグ・ア・ポニー
  3. アクロス・ザ・ユニヴァース
  4. アイ・ミー・マイン
  5. ディグ・イット
  6. レット・イット・ビー
  7. マギー・メイ
B面
  1. アイヴ・ガッタ・フィーリング
  2. ワン・アフター・909
  3. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
  4. フォー・ユー・ブルー
  5. ゲット・バック

ディグ・ア・ポニー(Dig A Pony)は1970年に発表されたビートルズの最後のイギリス盤公式オリジナル・アルバムレット・イット・ビー』に収録された楽曲である。

解説[編集]

レノン=マッカートニーの作品。実質的にはレノンの作った楽曲である。スタジオでレコーディングされず、1969年1月30日アップル本社で行われたルーフトップ・コンサートの音源を使用している。半ば強引にを踏んだ歌詞とブルース色の強い曲調で構成される。歌詞には、"You can celebrate anything you want(思いのままに讃えよう)"や"All I want is you(欲しいのは君だけ)"という、明らかにオノ・ヨーコへのメッセージが歌われているが、生前ジョンは「適当に韻を踏んで遊んだ曲で、ゴミのひとつさ」と語っている。

また、歌詞の中に"I Roll A Stoney"で始まる一節で「知っているものを何でも真似してもいいのさ」と歌っているが、これは当時ビートルズのやることを何かと後追いで真似していた、ローリング・ストーンズに対する皮肉である。

3つのミックス(演奏は同一)が存在。そのうち2つのヴァージョンでは、リンゴがタバコ休憩に入っていたところでカウントを始めたため、リンゴが制止する音声が入っている。その後、改めてカウントされて始まる。

屋上ライヴのヴァージョンでは、歌の始まりと終わりに"All I want is (you)"というポールジョージユニゾンが入っている。演奏の映像では、膝をついたスタッフが歌詞カードをジョンに見せている様子が確認できる(これはジョンが歌詞を忘れることが多いためで、事実屋上ライヴでもドント・レット・ミー・ダウンを歌い間違えている)。

アルバムでは、前述のユニゾンがカットされている。ジョンの声『ありがとう、ブラザー…寒くてコードが弾けない』、ギターのノイズが入った後、小休止してイントロがかかり、そしてブギをかけて終了している。

一方、『レット・イット・ビー...ネイキッド』では、前後の会話等がユニゾンを含めてカットされており、ラストは映画に収録された演奏のものが用いられている(短いギターのフレーズと掛け声が入っている)。