ディグニタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディグニタス(Dignitas)[注釈 1]とは、末期症状や重度の身体疾患・精神疾患者に対し、有資格者の医師と看護師の援助を受けて自殺幇助するスイスの団体である。その他、精神科医が作成した詳細な診療録をスイス裁判所が確認し対象者の自殺が健全な判断であると認められた場合、対象者への自殺幇助を提供している[1]。元弁護士のルドウィッグ・ミネリ(Ludwig A. Minelli)が運営している。

概要[編集]

幇助希望者は、団体職員の他にも外部の医師カウンセラーと面談を行う。 外部の医師は希望者により提供された診療録などを検証するため、次回の面談に時間差がある[2]。宣誓供述書のような自殺の希望を法的に認められた書類が作成されるか、文書への署名が身体的に不可能である場合には、自己紹介後、外部からの強制がなく個人の自由意志により自殺を希望する旨を外部メディアに記録する。

最後に、致死薬投与の数分前に再度自殺希望の確認を行うほか、考え直す時間が必要かどうかを尋ねられる。この時点で撤回の意思表示がない場合は致死量の薬品が投与される[3]

一般的に、以下の手順による。 制吐薬を服用後約1時間後に、致死量の粉末状ペントバルビタール[4]を1杯の水又は果実飲料に溶かしたものを飲む。ペントバルビタールの過剰摂取は中枢神経系の活動を弱め、摂取者は5分以内に眠りにつく。次第に呼吸がより浅くなり昏睡状態へと移行し、30分以内に呼吸が停止し死に至る。 2008年にはいくつかの幇助においてペントバルビタールの代わりにヘリウムガス[5]を使用しており、その際には医師の指導や処方薬の投与が必要なく、低コストであった[6]

統計[編集]

ルドウィッグ・ミネリは840人の自殺を幇助し、内訳60%がドイツ人であったと2008年3月のインタビューで話した[5]。2010年までには、幇助者数は1000人を超えた[7]

殆どの幇助希望者は死後に保険金が入るが必要な予定がなく、許可が降りた者の70%が幇助のために再来することはなかった[5]。 幇助を受けた人々の21%は、末期性または進行性の病気ではなく、生活への不満を抱えていなかった[8]

元職員の主張[編集]

Soraya Wernli(看護師として2005年3月まで2年半の勤務)は、同団体を '利益目的で自殺幇助を流れ作業で行っている'として非難し[9]、多くの富裕層や弱者、一部の末期症状でない患者が標準報酬以外にもミネリに"巨額"の謝礼を渡したと述べた[9]。また、一部の患者が新しい機械を試した結果70時間苦しんで死亡したことが、退職のきっかけとなったと述べた[9]。同団体はすべての疑惑を否定し Wernli が数年前退職したことを指摘した[9]。ミネリは「私腹を肥やしていると検察が判断した場合、捜査が始まるはずだ。」と述べた[10]

地元スイスの人々や団体の反応[編集]

団体代表のルドウィッグ・ミネリは長期に渡り衝突が起きていると述べた[11]。2007年9月には、利用施設からの立退きや締出しを受けた際には2人のドイツ人を車内で安楽死させた。2007年10月には地元議会によって民家での作業が禁止された。2007年12月には繁盛している売春宿の隣のビルでの活動を、暫定的に禁じられた。

火葬骨壷がチューリッヒ湖で発見[編集]

2010年4月に、警察のダイバーがチューリッヒ湖で60以上の火葬用骨壷を発見した。壷には同団体で使用されたノルドハイム火葬場のロゴがあった。元従業員の Soraya Wernli は、同団体が少なくとも300壷を湖に投棄したと18か月前にタイムズ紙に述べた。彼女は、ミネリが自ら投棄したと主張したが、後に彼の娘と従業員に依頼したことがわかった。 2008年には同団体の2人の従業員が、湖に20人分の遺灰を投棄しようとしたところを逮捕されていた[12][13]

脚注[編集]

  1. ^ 名前の日本語表記については、(柴嵜(訳) (2011)) に準拠した。

出典と参考文献[編集]

  1. ^ USA (2011年3月18日). “A suicide right for the mentally ill? A Swiss case opens a new debate”. Ncbi.nlm.nih.gov. 2011年7月12日閲覧。
  2. ^ Paralysed player killed himself”. BBC News (2008年12月10日). 2011年7月12日閲覧。
  3. ^ 'If you drink this, you will die': Father reveals what paralysed rugby son was told before he took poison in Swiss suicide”. Daily Mail (2008年12月11日). 2011年7月12日閲覧。
  4. ^ Gentleman, Amelia (2009年11月18日). “Inside the Dignitas house”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/society/2009/nov/18/assisted-suicide-dignitas-house 2010年5月1日閲覧。 
  5. ^ a b c Wenn Sie das trinken, gibt es kein Zurück Tagesspiegel.de Retrieved April 12, 2008
  6. ^ Euthanasia group Dignitas films gas and plastic bag deaths Daily Mail
  7. ^ Bruce Falconer (2010年3月). “Death Becomes Him”. The Atlantic. 2012年10月25日閲覧。
  8. ^ Fischer, S.; Huber, CA.; Imhof, L.; Mahrer Imhof, R.; Furter, M.; Ziegler, SJ.; Bosshard, G. (Nov 2008). “Suicide assisted by two Swiss right-to-die organisations.”. J Med Ethics 34 (11): 810–4. doi:10.1136/jme.2007.023887. PMID 18974416. 
  9. ^ a b c d Allan Hall (2009年1月25日). “Cashing in on despair? Suicide clinic Dignitas is a profit obsessed killing machine, claims ex-worker | Mail Online”. Daily Mail. 2011年7月12日閲覧。
  10. ^ telegraph.co.uk Dignitas founder accused of profiting from assisted suicides
  11. ^ FRIENDS AT THE END (FATE) / London Meeting December 1st, 2007 (PDF) (2009年3月6日時点のアーカイブ
  12. ^ Boyes, Roger (2010年4月28日). “Ashes dumped in Lake Zurich put Dignitas back in the spotlight”. The Times (London). http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/europe/article7109939.ece 2010年5月1日閲覧。 
  13. ^ Parker, Nick (2010年4月27日). “Dignitas urns dumped in lake”. The Sun (London). http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/news/2949423/Dignitas-urns-dumped-in-lake.html 

関連項目[編集]

外部サイト[編集]