ディクチオグロムス属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディクチオグロムス属
分類
ドメイン : 真正細菌 Bacteria
: ディクチオグロムス門
Dictyoglomi
: ディクチオグロムス綱
Dictyoglomia
: ディクチオグロムス目
Dictyoglomales
: ディクチオグロムス科
Dictyoglomaceae
: ディクチオグロムス属
Dictyoglomus
学名
Dictyoglomus Saiki et al. 1985
  • D. thermophilum
  • D. turgidum

ディクチオグロムス属(-ぞく、Dictyoglomus)は、グラム陰性真正細菌である[1]真正細菌としては極端な好熱菌で、80℃近くの高温でも生きられる。化学有機栄養であり、有機物代謝してエネルギーを得る。またキシロースのヘテロポリマーであるキシランを分解するキシラナーゼを合成することで興味を持たれている。この酵素木材パルプを処理すると、塩素漂白に匹敵する白さになる。

タイプ種のD. thermophilumは、複数の細胞が共通の細胞壁に囲まれた特徴的な集団を作る。3層の細胞外皮(細胞膜、中間層、外膜)をもつことがある[2]

出典[編集]

  1. ^ Morris DD, Gibbs MD, Chin CW, et al (May 1998). “Cloning of the xynB gene from Dictyoglomus thermophilum Rt46B.1 and action of the gene product on kraft pulp”. Appl. Environ. Microbiol. 64 (5): 1759–65. PMC 106227. PMID 9572948. http://aem.asm.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=9572948. 
  2. ^ Saiki, T., Kobayashi, Y., Kawagoe, K., Beppu, T. (1985). “Dictyoglomus thermophilum gen. nov., sp. nov., a chemoorganotrophic, anaerobic, thermophilic bacterium”. Appl. Environ. Microbiol. 35: 253-259. doi:10.1099/00207713-35-3-253.