ディキル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディキル
Dikhil
دخيل
ディキル市内の高校建設プロジェクトに従事するアメリカ兵とディキル市民
ディキルの位置
ディキル
Location in Djibouti
座標: 北緯11度07分 東経42度22分 / 北緯11.117度 東経42.367度 / 11.117; 42.367
ジブチの旗 ジブチ
ディキル州
標高 484m (1,588ft)
人口2012年推計)
 - 計 20,908人

ディキルアラビア語: دخيل‎、フランス語: Dikhil)はジブチ南部、ディキル州都市[1]映画猿の惑星』のロケに使われたアッベ湖からみて東側にあたる。首都のジブチ市とは国道で結ばれている。 2012年現在の推計人口は20,908人[2]。ディキルはDikil、Dikkilとも綴られる。

歴史[編集]

アディスアベバ生まれのイギリス人探検家紀行作家ウィルフレッド・セシジャー(Wilfred Thesiger)が1934年にディキルを訪れた際、フランス人入植者によって建設された「最も堅固な要塞」に驚かされたと述べている。この要塞はセシジャーの言によれば、20フィートの高さを持つ銃眼を設けられた壁を持ち、上部には鋭利なガラス片有刺鉄線が設置されていた。また、二つの監視塔が設けられていた。訪問の際、現地の守備隊が現地から経済的支援のみを受けており、軍事的・人員的援助を受けていないことから、セシジャーはこの砦がかつてはフランス人ではなく現地人によって使われていたと考えていた。[3]

1977年から1978年にかけてのオガデン戦争の結果、約8,000人に及ぶソマリ族イッサ支族が隣国のエチオピアから流出し、近接するアリ・サビエとともにこれを受け入れ、難民キャンプを建設した[4]

ジブチ内戦後の1994年に設置されたアルタ州に属していたが、2003年にディキル州がアルタ州から分割された際にその州都となった。

気候[編集]

ディキルの月毎の気温及び降水量は以下の通りとなる。西方のダナキル砂漠に近いこともあり、降水量は少ない。

Dikhilの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 24
(75)
25
(77)
26
(79)
27
(81)
28
(82)
32
(90)
34
(93)
35
(95)
31
(88)
27
(81)
24
(75)
23
(73)
28
(82.4)
平均最低気温 °C (°F) 21
(70)
22
(72)
23
(73)
23
(73)
24
(75)
25
(77)
26
(79)
27
(81)
25
(77)
24
(75)
22
(72)
20
(68)
23.5
(74.3)
降水量 mm (inch) 10
(0.39)
15
(0.59)
14
(0.55)
13
(0.51)
11
(0.43)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
10
(0.39)
10
(0.39)
14
(0.55)
15
(0.59)
112
(4.39)
出典: The Weather Channel

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Dikhil-Islamic finder(英語),2012年3月12日閲覧。
  2. ^ WorldGazetteer”. 2013年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月28日閲覧。(英語),2012年3月12日閲覧。
  3. ^ Wilfred Thesiger, The Danakil Diary: Journeys through Abyssinia, 1930-4 (Hammersmith: Flamingo, 1996), p. 184.
  4. ^ Jeff Crisp, "The Politics of Repatriation: Ethiopian Refugees in Djibouti, 1977-83", Review of African Political Economy, No. 30, Conflict in the Horn of Africa, (September, 1984), p. 74

関連項目[編集]

外部リンク s[編集]