ディキシー・カップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディキシー・カップス
ニューオーリンズ・ジャズフェスで歌うディキシー・カップス (2006年)}
ニューオーリンズ・ジャズフェスで歌うディキシー・カップス (2006年)
基本情報
出身地 ルイジアナ州ニューオーリンズ
ジャンル R&B
活動期間 1964年
レーベル レッド・バード
公式サイト http://lpintop.tripod.com/thedixiecups/
メンバー
バーバラ・アン・ホーキンズ
ローザ・リー・ホーキンズ
アセルグラ・ネヴィル・ゲイブリエル
旧メンバー
ジョアン・マリー・ジョンソン
デイル・ミックル

ディキシー・カップス (The Dixie Cups)は、米国ルイジアナ州ニューオーリンズの女性ボーカル・グループ。"Chapel of Love"、"Iko Iko"などのヒットで知られる。

バーバラ・アン・ホーキンズとローザ・リー・ホーキンズの姉妹に従姉妹のジョアン・マリー・ジョンソンを加えた3人で60年代初頭に結成。結成時の名前は、リトル・ミス・アンド・ザ・マフェッツだった。

1964年ニューヨークレッド・バード・レコードと契約し、ファースト・シングル"Chapel of Love"をリリースした。これがR&Bチャートのトップを記録する大ヒットとなった。以後、これに匹敵するヒットこそ生まれなかったものの"People Say" (1964年, 同12位)、"You Should Have Seen The Way He Looked At Me" (1964年, 同39位)、"Little Bell" (1964年, 同51位)、"Iko Iko" (1965年, 同20位)とヒットを重ねた。

1966年、グループはABCパラマウントへ移籍するがここではヒットは生まれていない。その後、ジョンソンはエホバの証人の信者となり、グループを脱退した。グループは、後任にデイル・ミックルをメンバーに加え、活動を続行した。

新譜の発表はしていないものの、現在もグループはライブ活動を続けている。メンバーは、バーバラとローザのホーキンズ姉妹とアセルグラ・ネヴィル・ゲイブリエルの3人である。

外部リンク[編集]