ディオミディス・スピネリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Διομήδης Δ. Σπινέλλης
生誕 1967年????
職業 計算機科学者
公式サイト
http://www.spinellis.gr/

ディオミディス・Δ・スピネリスDiomidis D. Spinellis; ギリシア語: Διομήδης Δ. Σπινέλλης, 1967年2月2日 - )はギリシャアテネ生まれの計算機科学者であり、Code ReadingそしてCode Qualityの著者である。

スピネリスはインペリアル・カレッジ・ロンドンにてソフトウェア工学修士号(MEng)ならびに計算機科学Ph.D.を授与されている。彼はギリシャアテネに住んでいる。

彼は、アテネ経済大学英語版ギリシャ語版科学技術管理学科(Department of Management Science and Technology)の教授IEEE Software英語版の編集委員を務めており、コラム"Tools of the Trade"への寄稿を行っている[1]。彼は、International Obfuscated C Code Contestにて4度優勝している(1988199019911995年)。

彼のエルデシュ数は4である。

彼は、またFreeBSDプロジェクトのコミッターであり、多くのポピュラーなフリーオープンソースプログラムの作者である。彼の作成したプログラムは、

である。

2008年、共著者と共に、スピネリスは、ウィキペディアの成長の鍵を握るものは赤リンク[注釈 1]であることを主張した[7]

2009年11月5日には、彼はギリシャ財務省英語版ギリシャ語版情報システム首席担当官(General Secretary of Information Systems)に就任した。[要出典]しかし、2011年10月、彼は個人的理由を引き合いに退任した[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ウィキ上に存在しないページへのハイパーリンク(ウィキリンク)を指すウィキペディアのスラング。

出典[編集]

  1. ^ blog dds: tools of the trade”. www.spinellis.gr. 2011年2月25日閲覧。
  2. ^ UMLGraph - Declarative Drawing of UML Diagrams”. www.umlgraph.org (2008年8月27日). 2011年2月25日閲覧。
  3. ^ bib2xhtml - Convert BibTeX Files into HTML”. www.spinellis.gr (2010年12月9日). 2011年2月25日閲覧。
  4. ^ Outwit”. www.spinellis.gr (2004年11月20日). 2011年2月25日閲覧。
  5. ^ CScout: The C Refactoring Browser”. www.spinellis.gr (2008年11月17日). 2011年2月25日閲覧。
  6. ^ Socketpipe”. www.spinellis.gr (2005年9月27日). 2011年2月25日閲覧。
  7. ^ Diomidis Spinellis and Panagiotis Louridas (2008). "The collaborative organization of knowledge". In: Communications of the ACM英語版, August 2008, Vol 51, No 8, Pages 68 - 73. DOI:10.1145/1378704.1378720. 引用: "Most new articles are created shortly after a corresponding reference to them is entered into the system(新規記事の大部分は、それらを参照する記事がシステムに登場すると、すぐに作成される)"。
  8. ^ “Tax-evasion expert resigns” (英語). Athens News英語版. (2011年10月17日). http://www.athensnews.gr/portal/11/49230 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]