ディオニシオ・アグアド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dionisio Aguado 001.jpg

ディオニシオ・アグアドDionisio Aguado, 1784年4月8日 - 1849年12月29日)はスペインギター奏者・作曲家

マドリッド出身。ミゲル・ガルシアに師事。1825年パリを訪れ、多くの知己を得る。一時期フェルナンド・ソルの許に身を寄せた。二人は友情を記念して、「レ・ドゥ・ザミ Les Deux Amis(二人は友達、の謂い)」という名のギター・デュオを組んだ。

アグアドの主著『ギター入門 Escuela de Guitarra』は1825年に出版された。これは今日でも復刻版が手に入る。本書の中でアグアドは、右手のの用法や、「トリポディオン」と呼ばれる装置の自分の発明について論じている(トリポディオンとは、楽器を固定することにより、楽器の背面や側面が演奏者の身体に触れて響きが減衰しやすくなることを最小限に抑えた器具のことである)。

アグアドの作品には、《3つの華麗なるロンド》作品2や《ファンダンゴと変奏 Le Fandango Varie》作品16のほかに多数のワルツメヌエットなどの軽い小品がある。より大規模な作品は、超絶技巧や左手を広げる必要から、弦長のより長い現代ギターでは、ほとんど演奏することが無理である。

アグアドは1838年に帰国し、マドリッドで他界した。65歳であった。