ディオダディ荘の怪奇談義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディオダティ荘の怪奇談義(ディオダティそうのかいきだんぎ)は、1816年スイスレマン湖畔に詩人バイロン卿が借りていた別荘で5人の男女が集まり、それぞれが創作した怪奇譚を披露しあった出来事である。

フランケンシュタイン』、『吸血鬼』は、このときの着想を元に生まれた。

書評家、訳出者によって、ディオダティ館の幽霊会議ディオダティ館の夜などとも呼ばれる。

背景と経緯[編集]

ディオダティ荘(Villa Diodati)。イタリアの聖書翻訳者でジョン・ミルトンの友人のジョヴァンニ・ディオダティの遠縁であるディオダティ家が所有していたことからヴィラ・ディオダティと呼ばれた

無政府主義ウィリアム・ゴドウィンの娘メアリ・ゴドウィン(後のメアリ・シェリー)は、ロンドンのゴドウィン邸に足しげく通っていた詩人パーシー・ビッシュ・シェリーと恋に落ちたが、この時点でシェリーには身重の妻ハリエット(Harriet Shelley, 1795年 - 1816年)と2人の間にできた娘アイアンス(Ianthe Shelley, 1813年 - 1876年)がいた。シェリーとメアリは、道ならぬ恋に対して予想外に激怒するゴドウィンのもとを離れ、フランスへ駆け落ちした。メアリの妹(ただし血縁関係はない)クレア・クレモントも一緒についてきた。1814年7月28日に出発し、ナポレオン戦争で荒廃したフランスを抜け、スイスルツェルンへ到達したが、金に困り、ライン川下りをしてイギリスに帰国した。イングランド南部のケント州に着いたのは同年9月13日のことだった。一行はロンドンへ戻り、家を借りて3人で住んだ。

一方、詩人ジョージ・ゴードン・バイロン卿は自らのスキャンダルによって妻アナベラから離婚を迫られ、スイスに逃亡していた。スキャンダルとは愛人クレア・クレアモントとの不倫のほかに、異母姉オーガスタとの間に娘メドラをもうけた近親相姦、さらには同性愛疑惑である。バイロンの主治医で同性愛の相手とも目されるジョン・ポリドーリを伴って、スイスのレマン湖畔の別荘ディオダティ荘(Villa Diodati)を借りたのは、1816年のことであった。

この年、シェリーとメアリとクレアの3人は、スキャンダルまみれの詩人バイロン卿を頼って再び大陸へ出発した。メアリは前年にシェリーとの間の最初の子を生後11日で亡くしたが、このときは生後3ヶ月の男児ウィリアムを抱えていた。またしても一緒についてきたクレア・クレモントは、バイロン卿の子を身篭っていた。一行が到着したのは1816年5月14日のことだった。

前年の1815年インドネシアタンボラ火山が大噴火した影響で、北半球はすっかり寒冷化していた。1816年は「夏のない年」と呼ばれ、長雨が続いた。レマン湖畔も例外ではなく雨が降り続き、バイロン卿ら一行は外出もままならず大いに退屈した。バイロンとシェリーは哲学談義にふけっていたが、その内容はガルヴァーニ電気の可能性、生命の伝達、死者の蘇生、エラズマス・ダーウィン博士の生命実験といった、どちらかというと現代のSFに近いような話題だった。ある日、一行はドイツの怪奇譚集『ファンタスマゴリア』のフランス語訳を朗読していたが、「皆でひとつずつ怪奇譚を書こう(We will each write a ghost story.)」とバイロン卿が一同に提案した。

バイロン卿は短いエピソードを書き、後に詩集に収録した。このエピソードを主治医のポリドーリが小説として膨らませ、バイロン作の短編として発表し、話題になった。『吸血鬼』(The Vampyre, 1819年)である。一方、シェリーは途中で投げ出してしまうが、メアリはこつこつと書き続け、1年間かけて長編小説として発表した。『フランケンシュタイン、或いは現代のプロメテウス』(Frankenstein; or The Modern Prometheus, 1818年)である。

数々の死[編集]

  • 1797年9月10日 メアリ・ウルストンクラフトが娘メアリを産んで11日後に産褥熱で急死。
  • 1815年2月22日 メアリ、未熟児の長女を出産。
  • 1815年3月5日 メアリの長女、生後11日で死亡。
  • 1816年1月24日 メアリ、長男ウィリアム・シェリーを出産。
  • 1816年10月9日 メアリの異父姉ファニー・イムレイ、ブリストルの宿で服毒自殺。満20歳だった。
  • 1816年12月10日 シェリーの妻ハリエットの遺体がロンドンハイド・パークサーペンタイン・レイクで発見される。入水自殺した模様。シェリー以外の男の子供を身篭っていた。
  • 1816年12月30日 正妻ハリエットの死で、メアリとシェリーは正式に結婚。 メアリ・ゴドウィン嬢は「シェリー夫人」ことメアリ・シェリーとなる。
  • 1817年5月 メアリ・シェリー『フランケンシュタイン』脱稿。
  • 1817年9月2日 メアリ、次女クレアラ・シェリーを出産。
  • 1818年1月1日 『フランケンシュタイン』初版をロンドンの小出版社 Harding, Mavor & Jones から匿名で出版。
  • 1818年3月11日 『フランケンシュタイン』初版に夫シェリーの序文を付けて再度匿名で出版。この日、子どもを連れてイタリアへ。
  • 1818年9月24日 メアリの次女クレアラ、満1才にしてヴェネツィアで病死。
  • 1819年6月 メアリの長男ウィリアム、満3才にしてローマで病死。
  • 1819年11月12日 メアリ、次男パーシー・フローレンス・シェリーフィレンツェで出産。4人目の子にして、唯一生き残ることになる。
  • 1821年8月24日 医師ポリドーリ、ロンドンで服毒自殺。26歳の誕生日の前だった。
  • 1822年4月20日 バイロン卿とクレア・クレアモントの一人娘アレグラ、イタリアバニャカヴァッロの修道院で満5才にして病死。
  • 1822年7月8日 シェリー、イタリアヴィアレッジョ沖で乗っていたヨットが転覆して死亡。30歳の誕生日の前だった。
  • 1823年8月11日 メアリ・シェリー『フランケンシュタイン』第2版刊行。
  • 1824年4月19日 バイロン卿、ギリシアで病死。 満36歳だった。
  • 1831年10月31日 メアリ・シェリー『フランケンシュタイン』第3版刊行。
  • 1836年4月7日 メアリの父ウィリアム・ゴドウィン死去。満80歳だった。
  • 1844年4月24日 シェリーの父親サー・ティモシー・シェリー死去。満90歳だった。息子のパーシーは既に20年以上も前に死亡していたので、準爵の爵位は孫のパーシー・フローレンス・シェリーが継ぐことになった。
  • 1851年2月1日 メアリ・シェリー死去。満53歳だった。
  • 1879年3月19日 クレア・クレアモント死去。満80歳の天寿を全うしたが子孫は残さなかった。
  • 1889年12月5日 メアリの次男パーシー・フローレンス・シェリー死去。満70歳の天寿を全うしたが子孫は残さなかった。したがってゴドウィンとウルストンクラフトとメアリ・シェリーと詩人シェリーという類稀な血統を一手に受け継ぐ人物はもはやこの世にいない。

関連するフィクション[編集]

関連項目[編集]