ディアーパーク駅 (LIRR)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Deer Park
Deer Park Station - Parking Lot.JPG
駐車場から見たディアーパーク駅
基本情報
住所 ニューヨーク州ウェスト・ブレントウッド英語版
Pineaire Drive, Grant (Executive) Avenue & Long Island Avenue
座標 北緯40度46分10秒 西経73度17分37秒 / 北緯40.76948度 西経73.293577度 / 40.76948; -73.293577座標: 北緯40度46分10秒 西経73度17分37秒 / 北緯40.76948度 西経73.293577度 / 40.76948; -73.293577
路線
接続 現地の交通機関 サフォーク郡トランジット英語版: S27
Artie's Taxi
ホーム数 単式ホーム2面
線路数 2
駐車場 あり。無料
駐輪場 あり。自転車ラック
詳細情報
開業 1987年
電化 1988年1月18日
750V (DC) 第三軌条方式
アクセシビリティ バリアフリー・アクセス
所有 MTA
運賃区画 ゾーン9
利用状況
乗客数 (2006) 5,417[1]
次の停車駅
前の駅   MTA NYC logo.svg LIRR   次の駅
本線
ロンコンコマ支線

ディアーパーク駅: Deer Park)とはロングアイランド鉄道本線ロンコンコマ支線)の駅である。これは公式にはニューヨーク州ディアーパーク英語版付近のパインエア・ドライブ (Pineaire Drive) 、エグゼクティブ(旧グラント)アベニュー、ロングアイランド・アベニューにある。実際の場所はニューヨーク州ウェスト・ブレントウッド英語版である。

歴史[編集]

ディアーパーク駅は以前は、同線のロンコンコマ駅セントラル・アイスリップ駅ブレントウッド駅、ディアーパーク駅、ワイヤンダンチ駅での大規模な再建事業の一環として移転されるまで、ニューヨーク州道231号線英語版を跨ぐ橋にあった。当初の駅は1842年に建設され、ついで1884年に再建され、その後1936年にディアーパーク・アベニューを跨ぐ橋のために再度行われた(当時ニューヨーク州道231号線はなかった)。1987年に建設された駅はピルグリム州立精神医療センター英語版付近の旧パインエア駅(下記参照)の近くに建設され、両駅の代替として利用された。また、当初はブレントウッド駅を置き換えることも計画されていたが、ブレントウッドからの市民の反発運動がその計画を挫折させた。その結果として、一部の人々がそれを与えられた名前ではなく、「パインエア」 ("Pine Aire") 駅と呼ぶ[2]。その再建過程の中で、かつての1車線の橋は閉鎖された[3]

パインエア駅[編集]

パインエア駅: Pineaire または Pine Aire)とはかつてにニューヨーク州ウェスト・ブレントウッド英語版あったロングアイランド鉄道ロンコンコマ支線の駅である。It was located east of the Pilgrim State Hospital Spur than the currently combined Deer Park-Pineaire complex.[訳語疑問点]実際にはそれはサグティコス・ステート・パークウェイ英語版の東側、パインエア・ドライブ(旧エッジウッド・ロード)とマナタック・ブルバード (Manatuck Boulevard) の交差点の向かい側にあった[4]The station first opened around 1915 near the former Thompson's Station across from a freight spur[訳語疑問点]、1986年10月頃、その2駅が1つに統合された際に最終的に閉鎖された。

ピルグリム州立病院駅[編集]

旧ピルグリム州立病院駅はウェスト・ブレントウッド英語版ピルグリム州立精神医療センター英語版の中の支線(南に進むと本線と合流する)の終端にある。その駅は20世紀初頭に開業し1978年に閉鎖された[5]。その駅の遺構はGロード (G Road) がサグティコス・ステート・パークウェイ英語版のアンダーパスの南西の角でサフォーク郡道106号線英語版となる場所で見られる。[訳語疑問点]

エッジウッド駅[編集]

現在のディアーパーク駅が建設される1世紀近く前、エッジウッド駅: Edgewood Station)というもう一つのLIRRの駅が旧ディアーパーク駅とパインエア駅の間(それらの駅と同じ地域内)に建設された。その駅は1892年にディベロッパー (developer) よってグラント・アベニューに建設された2階建の木造の停車場 (wooden depot) であったが、当初は信号場 (signal stop) として存在するのみであった。1911年6月までにservice began to decline[訳語疑問点]、1914年に閉鎖された。地域住民はその駅を廃木材として利用した。1940年代までにそれはエッジウッド州立病院英語版への支線の敷地となった[6]。その支線は現在のディアーパーク駅のすぐ西で始まり、グラント・アベニューの西側と平行するように走った[7]。その病院は1971年に閉鎖され、1988年に取り壊された。現在のディアーパーク駅はエグゼクティブ・ブルバードの西側にあるが、エッジウッド駅があった場所はグランド・アベニューの東側であり、現在ではミニチュアゴルフ場となっている。

駅構造[編集]

1 ロンコンコマ支線 ニューヨーク方面 ワイヤンダンチ
2 ロンコンコマ支線 ロンコンコマ方面 ブレントウッド

この駅は高床の単式ホームを2面有し、どちらも有効長は12両である。1番線と隣接する北側のプラットホームは通常西行きまたはニューヨーク行き列車が使用する。2番線と隣接する南側のプラットホームは通常東行き列車が使用する。本線はここでは2線である。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]